12/8、朝日を浴びた富士山を拝んだら、なんと雲ひとつ無い快晴。
これは「陣馬山から拝む富士山」を見なくちゃ!という短絡思考が生まれ、
毎度ですが、やることを後回しにし、片道35kmを原付バイクで駆けました。
カメラのバッテリーをチャージしてなかったので、出発が少し遅れたが、
結局、山近くの道に降りた霜が溶け始めていたので正解だったかも。
麓のバス停から登ってくる登山客たちを尻目に追い抜き、
山頂まであと20数分という和田峠という所に駐車して、そこから登山。
そして山頂には綺麗な富士山が待っていてくれました。嗚呼、絶景かな。

ところで、いつも残念に思うのは、ガソリン代は往復200円もしないのに、
和田峠の茶屋がせしめる、単なる空き地の駐車料金がバイクで終日500円。
車の800円はともかく、車の1/4~1/3しかない面積なのに!の理不尽価格。
しかも2時間後に降りたときには、もう無人。
こういう代々続く利権って何とかならないのでしょうか? 徒歩で材料を
運ぶしかない山頂の茶屋のメニューが高いのは逆に納得できるのですが。
(最近、とみに文句が多くなった私。クレイマー?)

いす

12/7、新宿での用事の帰りに、京王線 井の頭公園駅に直行。
暮れなずむ公園をしばし楽しみながら通り抜け、隣駅の京王線 吉祥寺駅へ。
途中、公園脇の有名焼鳥店の香りには何とか我慢ができたが、
本日半額!のマリオンクレープ店の誘惑には負けてしまいました。
画像は、1時間くらい滞在した公園の風景と、井の頭線&半月。
電車ネタは普通「鉄の惑星」ですが、今回はこちら「緑の惑星」に。
公園は紅葉がもうほぼ終わりなので、水辺関連狙いが主でした。
(紅葉図鑑は後日また)

池


今回は中国原産の 【トウカエデ/唐楓】。
「カエデ」の語源は、カエルの手に似ている「蛙手」かららしいが、
この3つに割れたトウカエデの葉が、一番カエル似かも。

ところで最近またメープルシロップ(ダーク色)にはまってます。
プリンに合うカラメル味似で、また太るとわかっているのに
トーストやヨーグルトのお供にちょこっと。糖カエデ?
これは学生時代、人生初海外渡航でカナダ ケベック州に行った時に初遭遇。
メープルシロップの原料は、日本では見られないらしい
サトウカエデ(カナダの国旗にあり)というのが多いとか。

もう一品は 【サクラ/桜】。花もいいが葉も綺麗。二度楽しめる植物です。

とうかえで街道

【イチョウ/銀杏・公孫樹】、またかの、「イチョウ語る」続編です。
でも今何だかこれをアップしたくて我慢できなくて…。てなわけでして。
そういえば最近は、昔に比べて色々我慢が出来なくなってきた。
ああっ、どうしよう。トイレじゃなく、感情が漏れてしまいそう。

高幡紅葉

連続更新中の紅葉図鑑は飽きらそうなので、1回お休み。
ネットで色々調べられる時代、植物関連の本はあまり持ってはいませんが
わずかながら好きな植物図鑑は購入しています。
(現在ネットの難点は、名前がわからないと検索できないこと)
購入動機は重宝するだけでなく、見ているだけで楽しく美しいから。
図鑑の最低条件は、情報内容もさることながら、「写真がキレイ」
「イラスト化していない」「検索しやすい」が一番だと思います。
イラスト化の件、子供用の図鑑などでは絵が多用されていますが、
描かれた画家さんフィルターのアレンジがかかっているのは何だか嫌。
自分も一応イラストレーターですが、そういうのは何故か買えません。

今回の画像は結構気に入っている5冊をご紹介。
山と渓谷社の「森の休日シリーズ3冊」と、日本文芸社の「樹木図鑑」、
小学館の「花と葉で見分ける野草」です。
*映画や小説の有川浩さんの「植物図鑑」とは関係ありません。

山系


今回は、【モミジバスズカケノキ/紅葉葉鈴掛の木】 別名:プラタナス。
葉っぱは基本的に、緑→黄色→茶色のシンプルな色変化。
トップ画像は1枚で全部の色が見られます。
ボンボンのようなが可愛いし、樹皮はよく私の植物顔に出てくる植物。
「スズカケ」も「プラタナス」も歌の文句に時々出てきますね。

そして、【カキノキ/柿の木】
ジュクジュク完熟の実も好きだが、葉の微妙で不思議な色合いも好き。

葉重ね


今回は 【ケヤキ/欅】。
葉を繁らし柔らかな木陰を作りだす、素直でクセのない優しい感じ。
都会でも自然の中でも堂々として、みんなが描くいかにも木の形らしい木。
…そんな自分では勝手にいいイメージだったのに、
「欅坂46」とやらの、わけのわからん団体が出来ちゃったね。
しかも、欅坂とは六本木ヒルズの南側の通りだそうな。
で、乃木坂、欅坂の次はどこ?(鳥居坂は没とか、結局よく調べている私)

画像は、11/14 近所の通りと、11/17 首都大。
思いがけない雪の日、11/24の首都大の風景も。

首都秋
雪

数十年ぶりとか、初観測とか言われると、無料の限定モノに弱い私は
昨日11/24の雪にも早朝から「我輩は犬である」状態で落ち着かずソワソワ。
積雪だけで言うと観測史上初らしい。
1962年11月22日以来54年ぶりとニュースは言うが、その時は何日なのか
過去は何回降ったのかとは報じられていなかった。詳しくてもネットの
weathernewsで、最も早いのが11/17(1876・1900年)という情報まで。
11月に雪が何回降ったかとか、1962年は何日かまでは無かった。

画像は、ただの雪景色でなく今回しか撮れないと思われる
「雪+紅葉」または「秋と冬」のコラボを心がけました。ほとんどモミジ。
諸々投げ出し、近所と近場の高尾山・高幡不動尊を見てきました。

*雪と電車、鉄の惑星も更新しました。

瓦2A