歳をとったから昔が良いという懐古、=レトロと思うのではなく
やはり、この頃の空気感、味わい、モノの見方などは印象的ですね。
ということで、電脳蔵「レトロ」ファイルの引き出しから。
昔の本モノから、昔風なモノまで。

あさひ

記念写真的な人間の集合写真でなく、モノを集合させたデザインなど。
過去から何となく、それとなく、少しずつ集めてました。
こういうデザインは、じっくり時間が無いとなかなか出来ませんね。
きっと自分で描いたら、途中であと何を描こうかと行き詰りそう。
中でも丸形にまとめたものが多く見られます。丸く収めたのですね。

ボルト家


ホラー? エイリアン? から、何コレ?まで。
過去ネタで掲載のきっかけが無かった、街で見つけた風景やモノたち。
なぜ恐いのかわからないモノも。

ダリ


昔、よく散策していた、招き猫発祥伝説の世田谷区 豪徳寺/ごうとくじ。
9/27、世田谷線の撮影目的で乗りに行った関係で、
途中、宮の坂駅から歩いて久々に参拝。といっても、目的は招き猫塚。
境内の売店で販売の、願いが叶ったり古くなった招き猫の奉納場所。
建物の桟の間までと、前回訪れた時の2倍は広がっている感じでした。
インスタ蝿が飛んでいるのか、外国かららしい自撮り姉さんもチラホラ。
閉門30分前だったので、暮れゆく中での光景はパワースポットでした。

*現在走っている世田谷線招き猫電車画像があります。「鉄の惑星」を。

桟猫


横浜。ピカチュウ堪能の次は、「ヨコハマトリエンナーレ」を堪能に。
会場は、横浜美術館、赤煉瓦倉庫(1号館2,3F)、横浜開港記念会館(地下)。
様々な傾向の作品や、非日常体験、未知だった展示場所も楽しめました。
3会場の別日見学可・無料連絡バス・氷川丸等の近隣有料施設無料化などの
メリットもあり。流石、横浜市ほか主催。

画像は8/22撮影、主に気になった作品など。
今回もまた数が多いのでサラッとな。続きはぜひ現地でどうぞ。
平日ランチ堪能@重慶飯店、イケメンロケ見@象の鼻テラス(S田将暉)も。
(前回トリエンナーレ記事はこちら

ピンクま

8/14正午で締め切られた、東京2020大会マスコットデザイン公募。
制約等が色々大変な公募内容でしたが、何とか提出しました。
ピカイチになりたいが自信はイマイチ。
ただ、参加しないと、絶対一生後悔するでしょうから。

日本を代表する「おもてなし」マスコットは、マリオ、ドラえもん等の
有名な既キャラでいいじゃんと思っていましたが
版権を全部取られるようなので、爆発的に成功しているキャラが、
名誉だけのために、100万円で身売りするわけないですよね。

で、ブログのメインゲストは、やはり日本が誇る世界的スーパースター、
ポケモン代表「ピカチュウ」さんです。パチパチ。
横浜みなとみらい地区で、同時多発的に毎年開催される恒例イベント
ピカチュウ大量発生チュウ」が今年も本日8/15まで開催。
そんな黄色にまみれたく、昨年に続き小雨の8/14に訪問してきました。

当日のみの目玉イベント、神奈川県庁~横浜球場間の日本大通りを
練り歩く16時発の「ピカチュウ・カーニバル・パレード」が狙い。
通り沿いは混雑と見難さで敬遠し、出発地点の象の鼻パークをマーク。
俯瞰できる貨物線跡高架ボードウォークから、ウォッチングに成功。
出発準備の模様や、帰ってからの周囲観客サービスも良かった。

二体向き

…いけない、だんだん好きになってきたかも。掲載写真も厳選できない。
なお、レアポケモン出現という赤煉瓦などの海岸地区へは事前散策済み。
JR桜木町駅の連携イベントや乗物画像は「鉄の惑星」に掲載予定。


3分のカップラーメンには負けるが、JR奈良線で京都駅から
たった5分で着く「稲荷」駅。降リ立つと目の前から異世界が開けています。
全国あまたある稲荷神社の総本宮、伏見稲荷大社。
その朱色の世界は、相変わらず怪しい魅力を醸し出していました。

朱色の原材料は「水銀=丹/に」で、豊穣を願ったり、邪を祓う意味とか。
海外の方々が、日本で一番惹かれて来るという要素も、何となくわかります。
本宮祭という祭り前、増え続ける寄進赤提灯が更に世界を増幅していました。
ほとんど毎回訪れる伏見稲荷。7/18撮影、赤い夕陽ライティング中。
でも、どんどん暮れて暗くなるので、凝る暇も無く、じっくり撮れなかった。

門



8/5、横須賀の「海上自衛隊」と「米海軍」の基地開放に行ってきました。
開放感溢れる施設・心…でも、米海軍基地で無残に撃沈。
基地の奥エリアに係留中の艦船見学が目的だったが(美人のお出迎えも)、
基地入口、大行列の荷物検査脇に、艦船見学は13時までと突然の表記発見。
聞いてないよ~、ネットには10時~20時基地開放としか無かったし。
乗船だけがダメで外から見るのはいい話かと思って、中で再確認すると、
エリア行き自体が禁止。遠くから見る「星明子」状態もままならなかった。
せっかく30分並んで14時半頃にやっと入れたというのに。
手前の飲食物購入ゾーンは可だが、これも大行列 …即帰りました。

疲れ倍増。以前に行った時はそんな制限は無かった記憶が。
先に海上自衛隊に寄らず、真っ直ぐ来ればよかった!と先に立たない後悔。
で、写真は海上自衛隊基地開放関係のみ。
ここでも色々感ずることがあったが、オトナ判断で××××。

鉄の惑星でも関連記事あり。


窓