その名は、フィロデンドロン ドメスティクム。。
水木しげるワールドの「百目」のような植物である。。
その眼は葉が落ちた跡らしいが不気味。。 睫毛まであり。。
暑さと用事で動けず、在庫から。。
05.25.大船フラワーセンター温室にて。。


視線


武蔵の国の守り神として、大國魂の大神(大国主命)を迎え祀った
大國魂神社/オオクニタマジンジャ。
すもも祭で賑わう7月20日、境内では厄除け烏団扇&扇子を有料配布。
参道ではスモモや、怪しい各種露天with怖い兄さんが立ち並んでいた。


敷地が狭いので超ゴチャゴチャ。 何を撮っても人の顔また顔でうんざり。
「個人情報・肖像権・絵にならない」のオンパレード。
仕方なく引きの写真掲載はパス。 …という事で息苦しくてすみません。
上から、絵馬のイケメン大国主、古代ならぬ誇大?広告、
計1500円也の団扇と扇子、奉納された氷柱のオーロラ、そしてスモモ。


尊


埼玉・所沢市で、今日から妻と2人展を開催いたします。
画像クリックで拡大。 名伏せにて失礼。


かと工房
19・20日と暑い中、小田急線・向ヶ丘遊園駅から近い民家園脇の、
川崎伝統工芸館で行われた、藍の型染め講習に行って参りました。
その工程をアップ。 涼しげな藍色は Japan Blueとも呼ばれています。
藍自体は、藍の草を乾燥し時間をかけて水で発酵させたもの。
図案は日本の家紋から拝借。 三追蔓河骨/ミツオイツルコウホネ。
なお、河骨/コウホネはスイレン科の水草。


暖簾


宙に漂う梅酒の梅を無意識に色々撮り、パソコンで見たら驚いた。
幸せそうな顔? 安らかな顔? そこに人間のような顔があったから。
しかし、もう一度瓶の中を丹念に捜したが出会えなかった。
梅は3瓶あるので余計不明。 多分、果実酒の神様だったのか…。
下は制作途中の1ℓ果実酒瓶。 左から、レモン、山桃、青梅、山桑。
先が楽しみな果実酒コレクション。 もっともっと追加してみたい。



梅爺



藤棚ならぬ、果物の垂れ下がる棚の下で殺人的陽射しを避け、
その優雅な蔓の舞(ツルアート)を画像採集。
中国原産、マタタビ科・キウイフルーツ。 夏なのに結構毛深い。
最後は、近縁のマタタビ科・猿梨/サルナシ。
隣に生っていました。 07.12.神代植物公園で。


蔓顔


いつまでも、まどろんでいちゃ~いけません。
起きるのです。 目覚めるのです。 目覚られるのは生きている人の証し。
うだるような暑さで、何をするにもやる気が無いとは思いますが、
みなさん、シャキっとしましょう!シャキっと~!
(…と、自分に言い聞かせてます)


暑いのにご苦労様、お疲れ様と言いたくなる夏のシンボル花、
キク科・向日葵/ヒマワリ。 太陽に背を向け頑張って立っていました。
07.12.神代植物公園にて。
昨年はコスモス畑だったせいか、コスモスと夏&秋コラボ中。


ひま開


まどろむ→少しの間うとうとする。 眠る。 寝入る。 (Yahoo!辞書より) 
うとうと…何と幸せの極地のような響きでしょう。
やすらかな気持ちでいたい欲望。 また起きられるという安心感。
そんなキモチ、セットで少し形に表現。 極楽にも似て。


昨日、ドライヤー強のような熱波の中、久々の撮影バイク行。
神代植物公園とその周りで。 上から、アンスリウム、
ウンナンチュウキンレン、ベコニア、ノウゼンカヅラ、ベコニア。
なお、まどろみという言葉はアンスリウムを見た瞬間出た言葉。


アンス


近頃、撮影に行けない事情がありまして…また倉庫より。
ちょっと箸休めの画像2点。


一枚目は、シタイイキされた肢体が粋な石造り裸体(トルソー)。
多摩市のとある公園脇に放置。 バブル期の忘れ物か。 06.28.撮影。
二枚目は、箸でなく鉛筆を持つ手に見えました。
八王子市のとあるお宅で。 電柱を喰う木。 05.15.撮影。


肢体


平日・開館直後・オヤジひとり・年間パスポート購入&顔写真撮影…。
植物園ならともかく、ここではとびきり寂しいシチュエーションでした。
そして何度も「お1人ですか?」とのオマケ付。
まあ、撮影に没頭するには、空いてるし良かったんですがね。


しかし前述のように館内では成果無し。 また思ったより狭くてがっかり。
しかたなく早々に屋外イベント会場の場所取り。 これまた寂し恥ずかし。
ただ、環境も動物も人間も、ここだけはレンジャーショーみたいで
明るかったなぁ。 …新江ノ島水族館にて、フツーの観光写真群。
二枚目のお姉さんが使っている停止用吸盤ベルトが秀逸。



開始


絵になるか否かは難しい「江ノ島」。
小さい頃から知っている場所ですが、異次元感は今なお健在。
うらぶれ感も相変わらず同居しています。
何十年ぶりかの水族館をはじめ、気ままにphotoスケッチ。
しかし水族館写真は、屋外以外ほとんど失敗でガックリでした。
神社の絵、(温泉でなく)サカサクラゲ、イマドキのカップル、
店頭の高!メニュー、岩場の波頭。 07.03.撮影with原付バイク。


弁天


今の季節、道端に沢山赤い実が落ちている木がありませんか。
それがヤマモモ科、山桃/ヤマモモ。
…といっても、八王子のような田舎だけかもしれませんね。
昨日朝5:30、狙いの木をいくつか探索。撮って採りました。
野趣溢れる感じの甘酸っぱいラズベリー味。
木によって直径8~25mm位の大きさの違いがあり。
さっそく果実酒製作開始。
ところで中の実は、どのタイミングで取り出せばいいんだろう。


桃酒


雨の日遊びの続き。 雫の次は移り込みです。
暗い雨雲は人の影を奪い取り、濡れた地面は鏡面となっていた。
06.29. 強い雨にも関わらず、近所の陸上競技場では
大学生たちの競技大会が行われていました。
画像は上下反転または180度回転。
スローシャッターの方、二人の靴だけがブレていなかった。


曲線