やっと暖かくなり、瑞々しい「緑の季節」がやってきました。
どこも緑、かしこも緑。本来の「萌え~」の季節です。
新陳代謝のように、地面や幹から新しい芽や葉がどっと湧き出してます。
みるみるうちに、あたりは緑で埋まり、
そして人々の心に活力も与えてくれるのです。


画像はあちらこちらでハンティングした緑。後半4枚は紅葉関係。
04.19~04.26画像。暖簾&紅葉のみ03.30。すべて東京で。


何の木?なしな緑



また桜…でも花弁(花びら)がやたら多い八重桜各種。昨日画像
あまりにも多弁すぎるので、私は沈黙します。


…



雨降りが続くので、少し前に撮った画像から。
清楚に咲くスミレあれこれ。スミレという単純な名だけでなく、
もっと様々な名前があるのですが、色々参考サイトや本を見ても
区別が難しい。薄紫のはタチツボスミレらしいが、後は「?」である。
花より葉の形で見分けがつくのかも…・
高尾森林科学園(1~3・6)、近所の車道(4~5)、神代植物公園で。
04.01~04.14。1枚目は土手の排水口部分に咲くもの。


排水口に活ける?



山梨県在住の福ちゃん。まだ若い女の子で~す。
初めて会ったときから興奮しまくりで、いきなり懐かれてしまった。
立って撮ろうとすると前足飛び掛かり攻撃で寄り過ぎ。
寝そべって撮ろうとするとベロベロ攻撃&また寄り過ぎ。
しかたないので、遠くから90mmマクロ撮影が多くなってしまった。
また今度会おうね。で、その時はじっくり撮らせてね。


わんこ撮影、結構面白い。近所で散歩中のカワイイ犬を見ると
思わずモデルになってくいださい!と声をかけそうで自分が怖い。


鼻ピン



東京近郊では、桜の時期がほぼ終わりましたね。
あとは八重桜など遅咲き品種の開花を待つのみです。
ところでワタクシ、元々落ち着きのない人間とよく言われてましたが、
この時期は更にパワーアップ。 腰はウキ、心はソワソワ。
本当は全国桜行脚なんかにゆっくりと行きたいのですが、
時間も予算も無いので、東京・山梨あたりのみで。


画像は03.30.~04.14.イソイソと撮影した桜たち(の一部)一挙公開。
賞'見'期限が落ちないうちに掲載に至りました。
画像クリックで是非拡大して見てくださいね。


夢のような密度



春になると山野で見られる野性のラン、シュンラン/春蘭。
ひっそりと咲くその花は、不思議な造形と色をしています。
画像は順に…林で見つけたもの、酢漬け春蘭の彩が美しいちらし寿司、
お店で山菜として売られていたもの。
04.06-07、山梨の友人宅にお邪魔した時に、見たりご馳走になりました。
春蘭自体は知っていたが、食用出来るとは。
シャキシャキしているが味はあまり無い感じ。…ま、春ですなぁ。
別名:ホクロ/黒子(斑点から)、ジジババ/爺姥(?)とも言うそうな。


透き通る美しさ



まだ感覚が戻らず、また更新の間隔が開いてしまった~。
少しずつ撮影はするのですが、どうまとめたらいいのか、
何だかわかんなくなってしまった。う~む。
撮影もピンボケが増えたような気がする。


今回はとりあえず撮り貯めた「春の目覚め=地面から伸びたもの」。
ドングリ系(04.07.近所の林)、
ツクシ(03.23.稲城市の土手と04.08.近所の道路脇)、
ゼンマイ(04.01.神代植物公園)。
私ももう一度ブログの楽しさに目覚めなくちゃ…。


よっこらしょっと