ブログの先輩主催のオフ会で本日横浜へ。山手の洋館散策と中華街。
結構初めてのところが多かったので楽しめました。
ただ天気はどんよりで、思うような写真は「う~む」状態。
まあ、出来は天気のせいにして、ひとまず花を中心に掲載。
横浜まで行って花かよ!と言わないでね。
なお、最終画像は「花」の後に「嫁」というワードを追加しました。
横浜・洋館・エキゾチック…は、晴れた日にまたリベンジしま~す。


企画のnatsuさん、他のメンバーの方々、お世話になりました。


洋館の窓から、ブラシノキ



とある理由で、植物をゆっくり撮ることが出来ないので、
電脳お蔵から電車関連画像を出庫&発車いたします。
最初の3枚は京王の資料館から。 昭和46年の井の頭渋谷駅、
家の近所の野猿峠の観光ポスター、京王線路線図の多摩川近郊。
あとは、レトロなJR駅の照明、オマヌケな富士急電車ボディ。


昔、井の頭



ハナミズキは散り(04.26撮影)、ヤマボウシは盛り(05.11撮影)と、
開花時期はずれますが、どちらもミズキ科の仲間。
そして、どちらもゴチャゴチャした中央にあるのが本当の花。
ハナミズキは、別名アメリカ山法師、桜を贈ったお返しの木。
ヤマボウシは、ゴツゴツした実が坊主の頭に見えるからだそうな。
八王子では、どちらも街路樹になって定着しています。
画像は4色のハナミズキと、白くなる前のヤマボウシ。


赤



野花が一面に群生しているのは、もっと田舎でも行かないと無理。
なかなかワイドな植物写真が撮れずアップ気味になってしまう原因かも。
しかし昨日、多少の群生が撮れたので掲載してみました。
二枚目のみ05.13.撮影。すべて近所で。
赤詰草/アカツメクサはわかるのですが、後は名前未調査。


結構綺麗な色



初夏、衣替え…。
ワイシャツやブラウスなどの白が、美しく、眩しく映える季節ですね。
そこで、最近撮ったサワヤカ白花植物を一挙掲載。
無理矢理な共通項「白」を設けての、五月分在庫整理です。実は。はは。
恋かな~!yes! 恋じゃな~い!yes! (と、白白しく誤魔化す)


夏空じゃん



…宇多田ヒカル?「藤」から連想するのって、みなさん何ですか?
もちろん花の藤、藤棚、藤がつく人名・地名、富士山、テレビ局、
紫色、不治の病、葡萄みたい、豆科…。
…てなことはどうでもいいんです。てゆうか、文字稼ぎ。なんつって。


五月になって、各所で垂れ始めた高貴な色の藤。
載せようか否か…悩んでいるうちにもう枯れてしまった。


歩道橋の上から



ライフワークにでもしたい、植物が顔に見えるコレクション。
またの名を「病/やまい」コレクション。半年分ためての掲載です。
あの~。 ど、どれも怖いんですが…。
いつかまとめて子供向け絵本にしたいが…怖くて無理かなぁ。


最近見た3D映画「Alice in wonderland」にも
花の中心が人間の顔になっているのがありました。
ところで、ティムバートン監督の世界、最高!


こんなオジサンいるよなぁ



この時期、撮った花々なども載せたいが、
今しか無い旬はやはり新緑なのかな。ということで再登場。
目に青葉…見ているだけで気持ちが安らぎ、心が癒されますね。
ただ新緑といっても明るい緑色とは限らない。紅い紅葉なぞも。


赤勝て、緑勝て…



近頃注目されている(らしい)近所の相模原市。
その相模川・高田橋あたりで鯉が泳いでるという、我がブログの師の
ブログ画像に釣られ、最後であろう本日、ひとりで行ってきました。
バイクでかれこれ約30分。しかし朝早かったのでまだ逆光気味。
何だか鯉の色が濃くなってコイコク…じゃなくて、暗く、色的には冴えず。
しかたないので、水に映して鯉を更に倍増し遊んでみました。
賞見期限は本日なので鯉の鮮度が落ちる前に掲載。
あっ、子供の日なのに、なぜか子供画像が少ないなぁ。


コイの季節