オオトリはトリ画像PART2。大濠公園で出会った他の鳥たちです。
白鳥、雀、鴨、烏、鳩、偽白鳥まで。
思い思いに朝のひとときを過ごされてらっしゃいました。


最近、タテ画像も意識して撮っています。
パソコンではスクロールが長くて見にくいですが、
タテはタテの良さがあるようで。


偽白鳥 洋画のような空にお似合い



最終日の16日早朝、天神駅近くのホテルから1人でご近所散策。
目的は福岡城跡の蓮撮影でしたが、大雨後で一帯は無残にもグチャグチャ。
しかたなく足を伸ばしてその先の大濠公園を散策。
大きな楕円の池があり、周囲がランニングコースにもなっている憩いの場。
老若男女が…といっても、平日だったので年輩が中心でしたが、
みんな、それぞれのスピードとスタイルで走っていました。


何を撮ろうかと岸辺に座り、ボーっと景色と同化していると
公園で暮らしている様々な鳥たちが警戒心を解きはじめました。
今回の画像は、アオサギ/青鷺と、シラサギ/白鷺(大鷺か中鷺か小鷺)。
間近に白鷺のハンターチャンスを数回見られたので大満足でした。


獲物は鳥、その鳥の獲物は魚



07.15、福岡県大牟田での法事の後は、1人西鉄電車で移動し柳川へ。
駅のレンタサイクルで午後4時半から水郷の街巡り。
しかし手入れが行き届いてないのか、タイヤ圧が少なくペダルは重いし、
車輪カバーがはずれていてガタガタ言う始末。
観光客が少ない静かな街の雰囲気を、騒がしく壊してしまったかも。
ただ日没は東京より遅かったので7時半頃まで夕焼け撮影が出来ました。


画像は、多分ムツゴロウの絵、有明海から続く川沿いの船だまり、
瓦の崩れかけている家、広々とした水田2枚、駅前の男女+鳥像、
水郷の夕暮れ。なお、ムツゴロウは総菜屋の店頭看板絵。


かわいいんだか、否か



豪雨のため長崎を早々に退散。予定を前倒しして、
長崎→島原→有明海→熊本を、鉄道・フェリー・バスで駒を進めた。
電車は乱れ気味、フェリーは多少波があったが就航、
予定していた島原見学は水に流しました。


画像はそんな雨関連。全て7月14日。上から順に、
①熊本のバスから見た信号、②④⑦JRや島原鉄道の車窓風景、
③長崎駅ホームの水溜り、⑤立往生した蝶々夫人の舞台・グラバー邸、
⑥フェリーから望む島原港、⑧雨が上がった夕方、真と偽のW熊本城。


①



福岡での義母の法事前に、義母の生誕地という長崎に行ってきました。
高校の修学旅行以来、二度目、ン十年ぶりでかなり新鮮。
Hiromi Goの♪エキゾチックジャパンを口ずみたくなるような、
なんだか色んな外国がチャンポンされたような街でした。
画像は主義も主張も無い単なる印象記録。13日夜と14日早朝。この後の、
豪雨・雷雨さえ無ければ、爽やかな港街風景などが狙えたはずでしたが…。
*パソコンは無事治りました。容量オーバーが原因。要領が悪い私です。


豪雨の前の晩に行って良かった



すみません、パソコンの具合が悪く、
ちょっとの間、ブログをお休みします。アップ不可能状態。
せっかく九州で沢山撮って来た写真データも、
パソコンに移行保存さえ出来ません。
蒸し暑いと、動くのが更に億劫になります。
撮影中はあまり感じなくても、帰ってくるともう汗ダク。
軽井沢やハワイとかの爽やかな木陰で、
動かずにビール片手にのんびり過ごしてみたいものです。


なんて面白き造形



昨日友人から、近所の大学のキノコ情報の問い合わせがあったばかり。
で、本日久々にその首都大学東京内のレストランでランチをした後、
何か植物でも撮りたいなと散策していたら…何だ!何だ!と吃驚。
ジメジメ梅雨のせいか、いつのまにか大学内が
学園天国ならぬ、キノコ天国に様変わりしていました。
…こうしてキノコは秋が本番という私の勝手な概念は覆されたのです。


載せきれない沢山の種類。なお、図鑑を見ても名前を絞るのは難しいので、
代わりに勝手に画像にタイトルなんぞ付けました。


ピンクなキノコ