正式名称は、松栄山了法寺(しょうえいざん・りょうほうじ)。
それまでは、目立たない八王子の小さなお寺。
ところが何を思ったか、流行の秋葉風萌えキャラとドッキング。
時代に合った?楽しい「寺」興し。お陰で檀家さん以外にも
若者たちがワラワラと訪れるとか。身近になった仏教か~。
賛否はともかく、有名になるにはこんなアイデアもアリですね。
キャラ設定も上手く、グッズも充実。


09.17.撮影。拝観してたら、すぐ右の社務所から、
ポストカードがぬっと差し出されました。


思わず買いそうになってしまった



猿? 犬? 人間っぽくはないが、顔に見えるゴンズイ・コレクション。
ゴチャゴチャな実の群中にいたり、ポツンと離れていたりする。
これらに出会った時は思わずニンマリ。
AKBの歌じゃないが、♪会いたかった~ 会いたかった~的ですぅ。
その顔たちは小さく風に揺れ動くことが多いので、
動かぬよう左手でゴンズイを支え、右手だけで撮影操作をしたりしています。
愛してやまぬ植物、ゴンズイくんたち。また来年お会いしましょう!


何見てんだよ!



嗚呼!最近愛してやまぬ植物、そしてマイブームな「ゴンズイ/権萃」。
その実は、林の中で遭遇すると異様としか言えないユニークな造形物。
赤い袋状が割れて出る黒い実たちは、あちこちを伺う眼にしか見えません。


名前のいわれは、木が脆く薪にしかならない役立たずなので、同様な、
毒持ちで不味い、役立たずな魚のゴンズイから名前をもらったそうな。
09.22.&26.撮影。町田市や多摩市の公園等で。多摩市情報はブロ友から。
もっと顔似のゴンズイ造形は次回に続く。乞うご期待…なんつって。


目立つ眼



不思議なオーラを放つアフリカのアートに触れてきました。
といっても、場所は八ヶ岳の麓の山梨県北杜市。
学生時代の先輩が開いた私設美術館、AFRICAN ART MUSEUM
魂に訴えかけるような造形たちに何故か癒される感じがしました。
画像は展示物と外観入口。09.18.許可済み撮影です。


sazae san



通りすがりの夜の街を、30分だけ徘徊撮影しました。
明大前駅のお隣り、京王線と東急世田谷線乗り換えの下高井戸駅。
チマチマという表現がぴったりの狭いが活気溢れる街。
駅から見下ろすと、まるで映画のセットのようで楽しい。
下町的なおかずアーケード・駅前市場は残念ながらもう閉まっていたので
今度また、夕餉のお買い物ママたちが溢れる時間を狙いたいな。
「京王線の電車と街」シリーズ、第1弾?でした。


上から順に、踏切と9000系、8000系2枚連続、駅前風景、飲み屋の中、
飲み屋と遠くを走る電車、世田谷線の駅。
昨夜7:50~8:20頃映像。全部手持ち、35mm単焦点レンズにて。


9000系、遮断機が電車に近くないかい



まだまだ暑いですね。本当に秋は来るのでしょうか?
飛び越えて、いきなり冬が来たりしないでしょうか?
この時期、美しい花は本当に無い。ゆえに、また実です。
そんな実だけはしっかり膨らんで、秋を知らせているようです。
画像は09.09.と09.12.ご近所撮影。順に、
造形が美しい、まだ中の実がはじける前のツリバナ。
海賊顔のようなヒョウタン。オニグルミ、シャリンバイ、
ヨウシュヤマゴボウ、ギンナン、クヌギ、クリ。


ツリバナ



東京多摩地区の中でも大きな桑の都・八王子市。
その中心街、JR八王子駅北口周辺はゴチャゴチャしたところ。
無秩序。メチャクチャ美観。お世辞にも美しいとは言えない。
大学のキャンパスが多く若者が多いが、ヤーサンもチラホラ。
まあ一応、私も八王子市在住なので、これ以上言いたかないが、
何とかして欲しいものです。市長よ! ユーミンよ!


画像はその中の小さな通りや点景。何故か電線等が汚いんだなぁ。
通り名もあったり無かったりと、これも無秩序であった。
09.05.撮影。ちなみに、るんるん横丁には店がほとんど無かった。


るんるん…って、あぁた