ムクムクと大地から生まれてくるタケノコ/筍。
筍の漢字は竹カンムリに旬と書く…まさに春の旬ですね。
4/26、鎌倉の報国寺で見つけた、モウソウチク/孟宗竹。
小さな庭でしたが、竹の幹と影が織り成す線の造形は美しかったです。
最後の珍しい竹画像2枚は、3/10、都心の東御苑で。
緑の縦縞が着物美人の柄を妄想させる、キンメイモウソウ/金明孟宗と、
斜めに縛ったような節がSMチックな、キッコウチク/亀甲竹。


で、今日のイギリス王室結婚式のカンムリはどんなんだろう?
…と、時事ネタならぬ、爺ネタも少々。


黒い皮が印象的



染井吉野などの一重が散った後、追いかけるように咲く八重桜。
花びらが沢山ある分、一本の木でもボリュームたっぷり。
重たげな枝が印象的。散りゆく桜吹雪も凄い迫力でした。
4/12都心の北の丸公園、4/20新宿御苑、4/25高尾森林科学園で。


ところで、最近スランプが…どんなに設定を色々変えてもピントが甘い。
パソコンで拡大してみるとガッカリ。
カメラやレンズのせいか、自分の眼のせいか、手ブレか…。
ブログ程度の画質なら誤魔化せるが、結構悩んでいます。


枝振りがいいね



キャンディーズのスーちゃんこと田中好子さんが
本日乳がんで無くなったそうです。
結構好きだったのに…寂しい。ご冥福をお祈りします。


恒例?の顔シリーズ。
涙顔の切り株、不安顔な葉(共に高尾森林科学園)、
とぼけた桜・関山/カンザン(新宿御苑)、
お茶目なブーゲンビリア(大船フラワーセンター)、
無理矢理な桜の枝顔(三鷹通り)。


顔に見えるかな~?



今年も存分に心を和ませてくれて、ありがとう。
東京近辺ではもう終わりですね。お疲れさまでした。
画像は、隅田川、千鳥ヶ淵、高尾、稲城、吉祥寺など。
4/11~4/14、結構動き回ってみました。
なお、他の桜は今後まだ掲載しますので嫌わないでね。


4/11、稲城市三沢川沿いで。子供がかわいい。



バラ科ソメイヨシノと同時期に咲く、同じくバラ科・梨の花。
その時期、稲城の梨農家たちは人工授粉と花の間引きで忙しくなる季節。
一家総出+応援で、しばらく毎日忙しく続くそうです。
耳かきの大きいような物で、ポポンと眼にも留まらぬ速さで花粉付け。
稲城市栽培品種の中では、地元名産「新高×八雲=稲城」が秀逸。
やたら大きく、とっても甘くてジューシー。 う、旨いッス。
4/11、2つの農園の中で受粉風景画像も撮影。
最初にお邪魔した畑にいたお婆様のお兄様が「稲城」の開発者でした。
畑は京王相模原線・稲城駅~京王よみうりランド駅間の電車からも見学可。


悪い(忌み)言葉を嫌い、スルメをアタリメ、アシをヨシと呼ぶように、
ナシの実をアリの実と言ったり…最近はあまり言わないか。


畑の棚は結構低く、頭をぶつけそう



暖かさと共に、樹木からはまるで噴水のように新緑が湧き出してきます。
そしてあたりの景色は、渋いアースカラーから、
様々な色合いの緑で彩られた世界へ。そう、爽やかな新緑の季節です。
4/10~4/14、横浜山手とみなとみらい、井の頭公園、東御苑、
高尾森林科学園で。葉が浮立つ逆光撮影にはまってま~す。
ちなみに、タイトルの原型は「選り取り見取り/よりどりみどり」。


桂/カツラ(井の頭)



昨日、とある用事後に、「桜+井の頭線」採集に行きました。
日暮れ間近だったので、駆け込みでスポット二箇所。
満開の、高井戸駅周辺と井の頭公園駅周辺(緑の電車)。
高井戸駅はホームから下の桜が臨めるという面白いロケーション。
またゆっくり撮影に行きたいが、散らないことを祈るばかりです。
最後は高井戸駅近くの神田川沿いにあった都知事選ポスター。
ぶつくさ言ってないで、世の中を明るくしてくれ~。


偶然にも二色同時に撮影出来ました



桜のピンクの次は白でしょ…と、強引に雪柳/ユキヤナギをご紹介。
オウチ カエル…と言っていた E.T.の手に似た画像から。
または、まことちゃんの「グァッシ」? 稲城市の公園と近所で、昨日撮影。
♪ 郵便屋さん、おはいんなさい、拾ってあげましょ、お手紙を~。


手に見えないかな



多摩地区では、残念ながら染井吉野/ソメイヨシノはあと少し。
その前に他の3種の桜画像から。八王子市・稲城市で本日撮影。
順に、今満開の「江戸彼岸/エドヒガン」、
顎/ガクが星形の珍種「星桜/ホシザクラ」、
濃いピンクが造花っぽい「陽光/ヨウコウ」。
花見宴や、桜祭り・催しは日本各地で禁止とか…極論過ぎませんか。


小ぶりでカワイイ江戸彼岸



水辺に多い樹木、猫柳/ネコヤナギ。今、ムクムクと変化中です。
茶色い皮を脱ぐと白筆似、その後はフサフサ小猫の尻尾似、
そして、赤から黄へと変化しながら隆起していくオシベ。
どの段階でもユニークなその姿は、じっくり観察していても飽きません。
雄株と雌株があるそうですが、写真は多分全て雄株。雌株は何処?
昨日、近所の川沿い等で。2枚目は遠くに鵜、最後はまるで九尾の狐。


柔らかそうでしょ