白子さんと黒子さん、目白駅と目黒駅、素人と玄人、囲碁の石やオセロ、
対比的なこの配色は、世の中にまだまだ沢山あるのでしょうが、
動物で白黒と言えばパンダやシマウマですね…ということで1/28撮影。
土曜の昼過ぎだというのに、パンダ舎は思いの外空いていました。
他画像は、ほとんど白いシロクマと、ほとんど黒いゴリラ。
ここのゴリラ君、麻袋をかぶるのが好きなんだだそうな。
まるで、姉さんが使う手ぬぐいか、防災頭巾状態。
なお、シマウマは太い檻内で縞が二重になり、邪魔で撮れませんでした


雄か雌かわかんなくなった



40年前の1972年、日本にやってきたカンカンとランラン。
今は雄のリーリーと雌のシンシンが上野動物園のスター。
そして、都知事が何を言ってもパンダは上野の街のシンボルです。
昨日、上野駅界隈でパンダ画像採集をしてみました。
ディープに探せばもっと沢山あるのでしょうが、とりあえず。
雑多な上野界隈は、パンダ以外にも画像採集の宝庫。
白黒つけられないグレーゾーン的なモノまで?。


右に何があるのか



「♪バカだな バカだな だまされちゃって~」と、
デビューシングルで「新宿の女」を歌った懐かしい藤圭子さん。
ハスキーボイスが心地よく、宇多田ヒカルに遺伝子を残す美人でした。
ル~ル~ルルルの由紀さおりさんに続き、再ブレークして欲しいです。


画像は新宿で採集。歌舞伎町やゴールデン街あたりでは
生ガールもいたでしょうが、怖いので二次元女性だけ。
順に、逆さガール(上からマリコ状態?)、ガードレールガール
(2枚は1/17撮影)、辻立ちガール(昨年4/20撮影・倉庫より)。


南口にあった屋上看板



最上階ヘリポートから見る、ガラス越しでない生の夜景です。
ここは六本木ヒルズのスカイデッキ。ビル自体も初訪問の所。
本日、奇才の浮世絵師・歌川国芳展を見た後の午後5時以降に登頂。
黄昏てゆく東京の灯が徐々に瞬き始めていくのを観察しました。
残念ながら薄雲があり、日没は見えなかったが、富士山は少々。
でも目の前に浮き上がっていく東京タワー、遠くの暗いスカイツリーが…。


ちなみに浮世絵にスカイツリーらしきを描いていたのは国芳です。
なお、4枚目はゴルゴ13でありません。最終2枚はビルと蜘蛛?のオブジェ。


真っ先に輝き始めました



寒いっ! 本当に芯まで冷える感じですね。
そんな厳寒の1月でも咲いている花と言ったら、水仙やこのロウバイ。
甘い香りと共に薄い蝋細工のような花びらが特徴。青空を透かしています。
画像は1/5府中・郷土の森、1/6調布・神代植物公園で。
1枚目は、全体に丸みを帯びた満月蝋梅/マンゲツロウバイ、
2枚目は、芯まで黄色い素心蝋梅/ソシンロウバイ、
残りは、芯が赤紫色蝋梅/ロウバイ。なお黄色部分が薄いのもあり。
しつこいが、本当に寒い! しかも明朝の八王子は-5℃とか…。



透明花



もう正月気分も薄れてきましたが、一昨日の6日、
調布・深大寺と府中・大国魂神社をハシゴ初詣でしちゃいました。
それって(ハシゴ)、いけないことでしょうかね。…ですよね。
だって年末ジャンボも外れたし、って、関係ないか。
本当はその後、日野・高幡不動尊までも行く気でしたが、
また多摩川夕景で時間を食ってしまい、中止に。
2~4枚目が深大寺、残りは大國魂神社ですが、ほとんど屋台系です。
綿アメの包装を見ると、現在の人気キャラクターがわかりますね。


安産祈願のお姉さま(大国魂神社)



雲ひとつ無い空。冬恒例?の府中市内・多摩川ベリの夕景です。
本日夕方4:30~5:30採集のシルエット画像から。
三脚を持って行きましたが、結局全て手持ち。
怪しいヘリコプターもパラパラと通り過ぎて行きました。


遅くなりましたが、本年もよろしくお付き合いくださいませ。


ブレ女