いきなり、競馬の祭典・日本ダービー(G1)会場へ行って来ました。
昨日単身で府中の東京競馬場に乗り込み、探索・撮影・投資。
会場は異様な熱気と観客、罪滅ぼし的?子連れもいっぱい。


今回は、先の短い私が、死ぬまでに色々自力で体験しちゃおう!という一環。
あんな世界やこんな世界を…でも体力・資力が無いから限界ありですが。
付け焼刃的にJRAのHPで勉強し、馬券も自分でドキドキ初購入。
様々な種類でG1レース1000円分を買ったら、複勝が当たり390円還元!? 
まっ、これじゃあ、多分病みつきにならないでしょう。


200円也



雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ 頑張ッテクダサイ


2012.05.19撮影、ハナビシソウ

月曜日に、月●と太陽○が織りなす世紀の天体ショー・金環日食。
目覚めた時に心配していた薄雲がかえって効果的でした。
レンズ前に日食メガネを貼ったコンデジ画像は結果的にほぼ失敗。
結局、素のままの一眼デジ+300mm望遠レンズで撮影。三脚も邪魔。
画像は多少暗め設定のみで、専用フィルターも画像加工も一切無し。
ただし最初の3枚はトリミング済です。


スカイツリーなどの建築物と同一画像に収めるとカッコイイんでしょうが、
はなから移動を諦め、自宅横ベランダ(専用ではない)でのんびり撮影。
後半の3枚は、クラッカーの穴越しの欠け太陽(コントラスト調整済)、
撮影風景、昨日昼頃の不思議な太陽の輪です。


7:23



昨日、久しぶりに東大和市の東京都薬用植物園へ。
やや遅かったが、二重の檻に囲われた正真正銘の危険植物「ケシ」を見に。
植物園では、ケシをはじめ、かなり沢山撮った写真データですが、
とある手違いで、後半大半をパソコンで消してしまいました。
あーっ! まさにこれが「ケシ」とは。
駄洒落を言うしか無いでしょう…トホホ(古!)。


画像は生き残ったデータ、檻内外の「ケシ」とその仲間たちの怪しい造形。
ケシ、ハカマオニゲシ、ヒマラヤの青いケシなどの蕾・花・実。
二枚目は傷つけられモルヒネ成分の乳液を採った実。


エイリアンか



色んな顔を持つ、混沌とした奥深い街・新宿。
本当はじっくり探索・撮影したいが…と、毎回言っているような。
今回はとりあえず最近撮って貯まった、4/17、5/14撮影の新宿画像から。
ウィンドウディスプレイ、歌舞伎町入口、パチンコ店、ビルオブジェ等。


伊勢丹ウィンドウディスプレイ





一番好きな食べ物は?と聞かれたら、すぐ答えられるのは「苺」。
そのわりには、あまり生態をよく知りませんが。
苺狩りにでも行かなくちゃ。採って撮って…。


甘い香りもしそう

新聞やテレビは善悪関係なく目立つ人、何かが凄い人、
単に偉い人などしか取り上げませんが
世の中には、地味でもそれぞれ頑張っている人が沢山います。
というか、そういう人がほとんど。
みんな分厚い本が書けるような人生を送っているのでは…。
その本が面白いかどうかは別にしてね。


で、そんな春の地味植物たち。実や葉は有名なのに花が目立たないのも。
順に、ヤマグワ、イチョウ、サルトリイバラ、ユズリハ、ニワトコ、ヤマモモ。
4/19~4/29、近所の首都大学、長池公園、上柚木公園などで。


実は有名なのに(雌花)



近頃の天候は、もう、初夏と言ってもいいので、しょか?
画像は、光のドレッシングをかけて食べられそうな若葉たちと、
地中からグングン成長している、頼もしい次世代の芽たち。
つかのまの春、短い若葉の季節でしたね。
新緑も黄緑色から→深緑(ふかみどり)へ。
さぁ、暑い夏、節電の夏…今年はどんな夏が来るのかな。
順に、カツラの葉(白飛び気味)、モミジの芽、ハクモクレン?の葉、
ケヤキ?の芽、ヤマボウシの葉、?の芽。(?ばかりですみません)


緑なのに白日夢のような



ゴールデンウイーク終わっちゃった…かぁ。
でも、家族サービスも大変だったし、出かけても雨は降るし。
平日が一番いいかも。金も使わないしね。
なぁ、鳩くんよ、そうだろ。


隅田川で、電脳倉庫から

今頃なんですが…4/1~2に行った格安バス旅行の時の写真。
ちょっと変とか、キモ可愛いとかのキャラクター特集。脈絡はありません。
順に、高山:人力車の中のサルボボ(猿の赤ちゃん人形)、屋根瓦人形、
太鼓叩きの子供人形、祭りのからくり人形。
富山:銘菓パッケージ、北陸電力のキャラ。金沢:屋根瓦人形。
そういえば金沢から東京までの帰路、バス事故車と同じルートでした。


つい最近まで寒かったのね。