FC2ブログ
  
横浜山手西洋館の撮影時、山手公園内にある「テニス発祥記念館」と
テニスコート脇の「山手68番館(山手公園管理事務所)」も訪れました。
どちらも西洋館ですが、観光コースから離れているせいか人はごくわずか。

1878(明治11)年に英国で生まれ、その2年後にはもう横浜に上陸、
ここ山手公園に外国人専用テニスコート5面が作られたとのこと。
その記念館の数ある資料の中で一番驚いたのが、初期のテニスコートの形。
長方形でなく蝶ネクタイを縦にしたような不思議な形でした。
理由は特に見当たらなかったが、説明してくれた方によると、
建物内 二間続きの部屋間の扉を開けて行ってた名残りらしいとか!?
テニスは当時の男女が一緒に出来る唯一のスポーツで、また出会いの場にも。
日本でもきっと色んなロマンスが生まれたのでしょうね。

夢路



スポンサーサイト