毎年、この時期になると、桜と共に飽きもせず扱うテーマ「新緑」。
芽吹きした葉が、どれも食べられるような錯覚を起こす、明るい緑色群。
蛍光っぽい黄緑や、やや赤味があったり、逆に少し青や黒に転んだり。
桜や濃い針葉樹が入ったりすると、山々がカラフルなパッチワークのよう。
でも夏になると、みんな同じような色になってしまうんですね。

画像は4/10~4/19、近隣と新宿御苑で。緑の景色、継続採集中。

いちょう

親分、てえへんだ! てえへんだ! 土から、く、首が…。

地面からご婦人の頭部が…と思ってしまった、グロテスクな光景。
白いうなじと最新流行ヘアが素敵で、赤ちゃんらしきも抱いている。
美容師学校の生徒が使う、頭部マネキン状態なキノコ。
実は、春に出現する「網笠茸/アミガサダケ」で
その異様な姿も、モリーユと呼ばれる高級食材なのです。
山梨のキノコ名人の友人宅で食べた記憶も。でも、自分では採っても怖い。
生鮮でも乾燥でも調理にイケるそうな。ただ、生食は危険。
詳しい調理方法は、最近特に話題のクックパ〇ドなどで。

画像は、4/19 以前見つけた近所の上柚木公園、檜らしき林付近で10本位。
最後は1枚目と同じ被写体。他に蓮正寺公園でも今年新たに2本発見。
ネットで見ても公園出現率が高いようです。最後の2枚は1枚目と同じもの。
話は関係ないが、スマホのストラップはずっと「なめこ」キャラです。

生首



雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ…
かつて流行した「ド根性大根」とまではいきませんが、
僅かな路上の隙間から顔を出し、けなげに生を謳歌する植物たち。
排気ガスニモ負ケズ、犬ションニモ負ケズ、頑張っています。
涙なくして撮れないと言ったら過言ですが、反対に勇気をもらえそう。
頑張れ、路上植物。ついでに、頑張れ、俺!

画像は近所と稲城等での、ツクシ、スミレ、タンポポ。線路上もあり。

つくし車

つくし



花も散ったことだし、そろそろソメイヨシノを終わりにしたいのですが、
あちこちで沢山撮ってしまったので、あと少しお付き合いを。

都心の、桜と風景を前に載せましたが、今回はその続きの「多摩版」。
都心では川と桜で目黒川が有名ですが、ひけをとらないのが稲城市 三沢川。
といっても、ワイのワイのと商魂逞しい店はまわりにありません。
また、もちろん、全国にはもっと素敵な場所がゴマンとあるでしょうが、
ひとまず私の近場ではかなりな穴場だと思います。
画像は他に、昭和記念公園、井の頭公園、高井戸の神田川、近所など。

三沢鴨


◆もうひとつの発見は、ビジュアル上何の変化はないのですが、
近隣では2ヶ所しか生息地を知らなかった「フデリンドウ/筆竜胆」。
4/15、その1つの上柚木公園をチェック、20株位あったと喜んでいたが、
4/16、もう一度見に行くと、というか、見に行く途中の脇の斜面に
点在している数千もあるのではという株を発見。YOUはなぜここに? 
(柳沢の池公園北交差点から上柚木公園までの左斜面)
疎らなのと同色のスミレに紛れ、今まで気が付かなかったのでしょう。
今年は別の場所でも少し発見したが、(学園二番街 長久保交差点付近)
それどころの騒ぎじゃありませんでした。嗚呼、お安い喜び。

ぼけ


4/16 午前中、近隣散策中に2つの大発見! で、連続掲載。
もちろん、他人から見れば「だから何?」的な微々たる内容ですが、
自分では「サクラなんかに浮かれている場合じゃないかも」事件でした。

◆近くのマンション脇で、不可思議な異常「タンポポ/蒲公英」を発見。
今まで散々タンポポを見てきたが、こんなのは初めて。
数本が茎から合体、太いパイプ状の茎。先端の花はまるで花束。
そもそも普通のタンポポは、1本でも沢山の花をつけているが、更に倍増、
いや、5本分位の増量。いったい何があったのか。割と起こることなの?
心の中で異常に燃えてしまいました。…あっ、私の方が異常か。

引き


桜ラブ、恋人ラブ、家族ラブ、JAPANラブ…。
特にこの季節は、桜にかこつけ、浮かれてボートに乗るようです。舟遊び。
千鳥ヶ淵では、貸ボート屋が開く前から、
恋人が、ジジババが、外人さんが、女子友らが行列していました。
スワンが主流の「井の頭公園」と、手漕ぎボートが主流の「千鳥ヶ淵」で。

鉄の惑星で、桜と金属の彫刻コラボも。

ハート3


4月に入り、進入学入園や就職等のフレッシュな姿が各地で見られました。
皇居周辺に行った時も、武道館では某大学の入学式でごった返し。
待ち合わせの親なども含め、九段下駅あたりから、あちこちで群れて邪魔。
いい撮影スポット付近の柵にもたれて背を向け、花よりスマホの方々も。
私ら花見客も沢山いたのに、何故だか大学側警備員に諸々指示される始末。
なんだかな。でも向こうも花見客が邪魔だと思っているんでしょうなぁ。

なんて、怒ってないで、
今回は純粋に(私としては遊ばず)、満開の染井吉野中心の風景。
それの「都心」編。といっても、すっきりした皇居周りと新宿御苑のみ。
ギンギンの青空はあまりなかったが白い空も似合います(負け惜しみ?)。
天候・時間・日照・カメラ設定等で花色はバラバラです。
あっ、一部写真内に某飲料広告も入ってますが、一切関係ありません。

鉄の惑星も花盛りです。

議事堂



雨と寒さと開花遅れで乱れた、今年の東京の「染井吉野/ソメイヨシノ」。
東京各地を数日かけ、それぞれの場所を短時間で観察してきました。
都心では、上野公園、隅田川、千鳥ヶ淵、北の丸公園、靖国神社、新宿御苑、
多摩地区は、井の頭公園、昭和記念公園、稲城の川、高井戸の神田川など。
桜自体はもちろん、桜と風景、桜とボート、花見宴会見まで。
昨日行った新宿御苑では、もう次の八重桜軍団が開花し始めていました。

枚数は多く撮ったけれど、花びらの色あい再現が難しくてかなりな失敗率。
何とかマシなものを、何回かに分け掲載してみようかと思います。
今回は「花見宴会」風景。毎年思うのですが、汚い感じの上野公園に
大挙して集まらなくても、都内のあちこちにまだ空間が沢山あるのに…。
でもまあ酒が飲めて、騒いでもOKと言ったら、やっぱり上野くらいか。

画像は人が多くてあまり綺麗じゃないのと、顔写りの問題もあるので、
色々アンティック的加工実験してみました。シャープな黒+ぼかした彩り。
普段、色補正程度でここまでの加工はしないのですが、しかたない。

墨田彩り

3/30、鎌倉の大仏様にあやかる商品群を数時間で収集。
鼈甲飴、ビール、ドーナッツ、かりんとう、もちろん定番の饅頭も。
よくもまあ、こんなにいろんな商品にこき使って…恐れ多い。
版権も無いでしょうし、ひと目で鎌倉とわかるパンチのあるシンボルだから!?
もう完全にお土産の絵レベルでなく、堂々のキャラクターグッズ。
猫パンチじゃないが、大仏様からお目玉を食らうでしょ、と思ったら、
門前や近隣どころか、境内にまで公式グッズのように色々置いてありました。

あまりにも多いので2回に分けて掲載。今回は大仏グッズ①「飲食物」編。
小物は買って家で撮影。鼈甲飴は光の加減で、金色の金属にも見える。
そもそも大仏様は当初、金箔を貼った金色だったそうな。

なお、鎌倉大仏関係は「鉄の惑星」にも掲載中。

別項
べっこう

木陰の貴婦人、お出かけするのに、御髪がまだ纏まらないようです。
今回の主役は「カタクリ/片栗」夫人。春の妖精でもあるとか。
ヒミツの花園に行かないとお眼にかかれないと思いきや、
多摩や相模地区のあちこちで出没しているようです。

3/25~29 以下の各地で撮影。
*個人宅の山が観光地化した、相模原市「城山かたくりの里」。
*町田市「小山内裏公園」の一角。
*年に2日間だけオープンする、町田市「小山田端自然公園」。
*調布市「野草園」と向かいの中央高速下の斜面…など。
あれもこれも載せたいなぁと、掲載もうまく纏まらない。

バックシャン