◆もうひとつの発見は、ビジュアル上何の変化はないのですが、
近隣では2ヶ所しか生息地を知らなかった「フデリンドウ/筆竜胆」。
4/15、その1つの上柚木公園をチェック、20株位あったと喜んでいたが、
4/16、もう一度見に行くと、というか、見に行く途中の脇の斜面に
点在している数千もあるのではという株を発見。YOUはなぜここに? 
(柳沢の池公園北交差点から上柚木公園までの左斜面)
疎らなのと同色のスミレに紛れ、今まで気が付かなかったのでしょう。
今年は別の場所でも少し発見したが、(学園二番街 長久保交差点付近)
それどころの騒ぎじゃありませんでした。嗚呼、お安い喜び。

ぼけ


4/16 午前中、近隣散策中に2つの大発見! で、連続掲載。
もちろん、他人から見れば「だから何?」的な微々たる内容ですが、
自分では「サクラなんかに浮かれている場合じゃないかも」事件でした。

◆近くのマンション脇で、不可思議な異常「タンポポ/蒲公英」を発見。
今まで散々タンポポを見てきたが、こんなのは初めて。
数本が茎から合体、太いパイプ状の茎。先端の花はまるで花束。
そもそも普通のタンポポは、1本でも沢山の花をつけているが、更に倍増、
いや、5本分位の増量。いったい何があったのか。割と起こることなの?
心の中で異常に燃えてしまいました。…あっ、私の方が異常か。

引き