近隣は、八王子市の南部で多摩ニュータウンの一部、南大沢地域。
三井アウトレットパークという賑わう商業施設があるが、
あとは、首都大学東京/旧都立大学などの自然が沢山残っている大学、
どこから公園かわからないほどの大公園などが多く、
東京の端とはいえ、東京とは思えないほどの「緑まみれ」な地域。
道には沢山の街路樹、集合住宅は緑が多く敷地がゆったり、
いい具合に昔ながらの畑や農家も健在、貴重な植物も住んで?います。
ちょっと足を伸ばすだけで、高尾山をはじめとする山々も近い。

…緑に癒され、緑に感化され、緑を撮影したくなる。
もっと早くから知っていれば良かったと思えるほどの地域です。
(画像は他地域のも)

ほおのき

5/6、八王子市の講座「上柚木公園の新緑と花を楽しもう」に妻と参加。
森林インストラクターの先生や公園管理者たちと一緒に、
子供1人+大多数の熟年層の参加者が、大公園の1/4位の部分を歩き、
オオシマザクラ、ハナミズキ、オニグルミなど数種の木々を見ながら、
その特徴、利用、遺伝、諸問題等、まつわるエピソードを伺うというもの。
植物を撮って10数年になるのに、植物の「がくしゅう」と「かがく」を
ちゃんと理解していない私には、とても新鮮で有意義な講座でした。

そういえば子供の時、よく連れて行かれた福島の遠い親戚のお爺さんが
樹医さんでした。健在だったら沢山話を聞きたかったなぁ。
なお「肆/シ」は「四」、漢数字の改ざんを防ぐ「大字/だいじ」。

かえる