桜の返礼にと、アメリカから渡って来たという「ハナミズキ/花水木」。
別名、アメリカヤマボウシ。 ♪ 薄紅色の~もありますが、今回は白。
今ではすっかり、日本の庭木などに急に増加・繁殖したようです。
前回の「ヤマボウシ」同様、ミズキ科で白いところは「総苞片」。
種類なのか、個性なのか、その白い総苞片が素直に開かないで、
いつまでも輪のようにくっついている、駄々っ子のような個体に興味津々。

画像は、そんなものだけ選択。というか、他はほとんど撮っていません。
最後だけは通常開花のもの。4/18、4/23、近所の保育園とその近所で。

三連



もう本当に、一気に様々な花が咲き始めてきました。特に木々の花。
来年以降の自分のために、今年からじっくり花期や撮影場所を記録開始。
今後は無駄なく動きたいが、その年の気温や地域差もありなかなか難しい。

今回は「ヤマボウシ/山法師」。白い部分は葉みたいな「総苞片」といい、
本当の花は中心部に。毎年、手裏剣だ!と成長無く思いながら撮影。
総苞片の白は、本当に真っ白なのから、黄や緑がかったものまで。
5/15、近所、上柚木公園、首都大学、富士見台公園/新富士見橋脇で。
虫食いのは、それはそれで結構アートっぽくて魅力的。

側面