前出「エゴノキ」の仲間で、花は酷似な「ハクウンボク/白雲木」。
比較すると葉が大きく、花の付き方が房のようにまとまっている。
その花が、♪風に吹かれて~の「白い雲のように」見えるからとか。
テレビ「電波少年」シリーズ、結構好きで見ていました。

花期はエゴノキより少し早く、5/7@近所の街路樹で。
(南大沢中学校西~四季の丘東)
エゴノキと一緒に掲載をと思ったが、自分でも混乱するので分けました。
撮影、過去は全体像を構成して撮っていたが、
だんだんイメージ的になってきた気がする。

白雲かすみ



各所で、「エゴノキ/(漢字無)」の白花が群れて揺れ始めました。
エゴイストではなく、実の味がエグイところから来ているそうな。
花びらの枚数は普通5枚だが、よく見ると違う枚数もかなりあり。

今年は、じっくり観察できているせいもありますが、
咲き始めていて、しかも枯れたものがほとんど見当たらない。
そんなタイミングに遇えるのは、とても気持ちがいいです。
画像は、5/14@東京都薬用植物園の近所、5/17@首都大学の池脇にて。

エゴ光