FC2ブログ
  
木炭で、黄ばんだ羊皮紙などにササッと素描したような名作で、
黒眼に光まで入って、う~ん、相当な腕前のデッサン力。
天才画家作かと思えるほどの味わいのある目は、実は「板の目」でした。
レオナルド・ダ・ビンチさん、名前を借りてごめん。
でも、ダビンチさんというより、アニメ目の方が近いかな?

「私の目は節穴」という駄洒落は置いといて、いわゆる、本当の節(穴)。
1/18、八王子長池公園 管理室/ネイチャーセンターのウッドデッキにて。
雨と霧上がりで適度に水分が染み込んでいる所と乾燥開始部分との
微妙なバランスで濃淡が出来ていました。凄い。
板にした(切断した)のは人間でも、中のあり方は自然の創造のまま。

ダビンチ



スポンサーサイト