FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜のライトアップって、そもそも嫌いでした。
桜の色を活かさず、黄や赤のカラフル光に染めて何が面白いのかと。
桜の形を借りただけの、まるでプロジェクションマッピング。
有名な六義園シダレザクラを夜見た途端、来た事を後悔したほど。

でも昨夜の調布「野川の桜ライトアップ2018」を見て、偏見が崩壊。
自然的光源をふんだんに、桜本来の色合いに近い演出して見事でした。
年に一夜限りで、橋3つの間、約630mのみ。
仕掛けたのは、オリンピック・映画・テレビ・CM界などで活躍する
調布の撮影用照明機材レンタル他の会社、アーク・システムさん。
流石、ソメイヨシノさんという女優を美しく見せられるわけですね。

会社の花見用に桜1本を照らしたのが始まりで、今年で27回目だとか。
午後6~9時、電源車4台、警察も協力。今回は+月見まで(2,3枚目)。
開催日決定は2日前ですが、アチコチで拡散されていたらしい。
画像は、5:50~7:20頃、空が明るく撮りやすい宵闇から。

夜桜03



スポンサーサイト
桜やハクモクレンに押されて損していそうな「コブシ/辛夷」。
花はモクレンより小振りだが、沢山花を付けた木は圧巻です。
近隣ではあちこちで見られ、秋の異形なも楽しみな植物。

画像のは、花びらの幅や形が微妙に違うようですが、
似た花「タムシバ/田虫葉」というのも混在してるかもしれない。
3/14・17@下柚木郷戸緑地、3/25・27@小山内裏公園。
赤い「シデコブシ/四手辛夷」と思われるのは、3/17@井の頭公園。
1枚目は、リース状の輪に見えました。

青空



気象庁発表でなく実際に見た感じですが、ソメイヨシノ/染井吉野満開は、
都心・千鳥が淵や靖国神社の標本木で3/26(月)、
近隣の多摩地区は、明日3/29(木)あたりでしょうか。

毎年、あれこれ撮ってもまとまらないので、あまり考えずに掲載。
今回は「ジンダイアケボノ/神代曙」と「アメリカ(米名:アケボノ)」。
アメリカは逆輸入桜で、神代曙もそれに関係しているとか否とか。
色々調べても違っていて不明。なお、神代曙の原木は神代植物公園にあり。
この2種、染井吉野より少し濃く、少し色ボカシもある夢見るピンク色。
多少花びらの形が違うようですが、見分けはつきにくそう。

房たて



貴重な「カタクリ/片栗」が今年も満開。3ヶ所の群生地を見てきました。
*不便だが凄い量の、相模原市「城山かたくりの里」、要バイク30分。
*年2日のみ開園の秘密の花園、町田市「小山田端自然公園」。近隣。
*町田市「小山内裏公園」。狭い場所ですが群生。近隣。

時期が桜類とかぶるので、撮るのは時間的にちょっと大変。
下から見るカタクリ中心部にも、桜みたいな模様があります。
画像は、鏡を倒して下からを撮影、ちょっと変わった花びら撮影なども。
3/25@小山田端自然公園、3/23@城山かたくりの里。

桜もよう



春分の日、3/21のビックリな雪、
多摩地区ではやや積もったが、短時間で儚く消えていきました。
雪の中、「雪が乗った桜の花びら」狙いで傘をさし、
ちょっと近隣散策したが収穫無し。そもそもソメイヨシノは蕾のまま。

しかたなく帰ろうとしたら、途中、首都大構内(トムの食堂と売店)で
タイル敷石庭の隙間だけに雪が残っている、アート状のモノを発見。
どう撮とろうかなと思考中、更に雪の中の「ツクシ/土筆」も発見。
ポツポツ出ていた土筆が、雪とコラボして小さな世界になっていました。
雪割り土筆でなく、単なる雪かぶり土筆でしたが。
最後2枚は蕾のソメイヨシノ(家から)と、多分 大寒桜(こぶし公園)。

つくし7



ソメイヨシノが早くも咲き始めたので、焦るが雨ではちょっと。
諸々早く紹介しなくてはいけないので、今回は5種類の樹木系の花。
特に早咲き系桜は、順番として先に載せなきゃ出る幕が無いからね。
冒頭画像の、カンヒザクラ/寒緋桜の濃い紅はインパクトありすぎ。

寒緋桜


ここ数日は暖かさや恵みの雨などで、春うらら。
植物界では、芽が出たり花が咲き、一気にざわつき始めたようです。
仕事の合間か、合間の仕事的に、短時間ずつ観察した植物記録から
春のトリミング画像、第壱弾。

まずは、今しかない、寿命の短い「ハクモクレン/白木蓮」から。
開ききる淫らなコブシと違い、包み込むようにしとやかに咲く花びらは、
まるで新婦が着る、真っ白・ふんわりなウエディングドレス。
でも、咲いたと思ったら、すぐ痛んで茶色くなってしまうんだよなぁ。
3/11・17、近隣住宅地脇と神代植物公園で。マクロと超ワイドレンズ。
花びらの端のカールや、花のダイナミックさ、花芯の清楚さが好き。

見上げ



このブログでは、結構工事現場の「囲い」を取り上げていますが、
東京駅と日本橋に近い、ここ常盤橋/ときわばしの工事現場も面白かった。
白いだけの囲いの壁続きじゃ、つまんないもんね。
「常盤橋ゴジラギャラリー」と銘打ち、50年代からの最新アニメまでの
映画ポスターを一面に一挙長い幅で飾っていました。簡単な解説付き。
常盤橋とゴジラは、シンゴジラで関係したらしいが、イマイチ読んでも不明。
幼き頃見ていた、モスラ対ゴジラ、キングギドラなどが懐かしい。
今、活躍中の長澤まさみも、モスラを操る小娘役をしていたんだ。
初代「モスラ~、や!」のザ・ピーナッツも懐かし。
画像は2/21撮影。年代は順不同。画像ボケは元々の複写のせいかも。

ギドラ



フレー、フレー! は~る! 手に黄色のポンポンを持つ元気な葉痕娘。
杉花粉は振らなくていいが、寒さはそろそろ振り払ってください。
ところで花粉予防注射はしているが、そろそろ処置が期限切れ間近なのか
今日はちょっと外に出たら眼が痒かった。今年は、もういい位の猛威かも。

画像のチア女子は「ダンコウバイ/檀香梅」。3/11・12@近所の道路脇斜面。
雄花と雌花は異株で別々だが、見分けが難しい。
冬芽&葉痕跡で形成される顔は、雌花とおぼしき木しか見られなかった。
3枚目は、チアでなく、リオのカーニバル風!?
最後は、多分、雄花。花は両方撮ったが間違えるといけないので、多分で。

メイン



やっと気温が緩んできたと思ったら、また寒さがカムバック。
今年のソメイヨシノの開花はどうなるんでしょう。
植物メインのブログのはずが、最近、街や動物など違うのが多いので、
たまにはと、ここ最近出会ったものを掲載。

久々の皇居東御苑。以前は無かった荷物検査が入口でありました。
外国人も増えたし、誰かが何かをやらかしたのだろうか? 
まあ今まで無かった方が不思議に思っていたから問題無いですが。

ねこ1


かつての集団就職下車駅からパンダ観覧下車駅になった!? ああ上野駅。
シャンシャン誕生以来は特に、駅ナカ・駅ビルから、
動物園のある上野公園周辺はもちろん、御徒町駅まで続く商店街群など、
なりふりかまわず、そこかしこ、商魂逞しくパンダフルワールドが炸裂。

画像はそんな上野界隈、1/6・2/7訪問記録を白黒でなくカラーでご紹介。
上野公園シャンシャン祭り(以降S祭り)や、諸々店頭などのパンダ採集。

京成パンだ

クルクルと伸びて、パーッと広がる花びら。
その後は、チリチリとか、クルクルのまま、ストレート…と色々個性的。
黄色いリボン状の花は「(シナ)マンサク/(支那)満作」。
当ブログでは毎年掲載。春に「まず咲く」が語源らしいという説明も。
大雑把ですが、葉っぱがあるのがシナマンサク、無いのがマンサク。

画像は、2/6 @八王子小宮公園、2/21 @北の丸公園・皇居東御苑。
赤っぽい2種は、北の丸公園の武道館付近で、アカバナマンサク。

波平



やっと何とか春っぽさが感じられてきました。
画像は、2/28に訪れた府中市 郷土の森の梅林。
梅を愛で…こうして新しい春が迎えられる喜び、
紅白の色が、また目出度くもあり。
また、来年も見られるかな?なんていう年齢に。
*5枚目は、オシベが花びら化している。
*7枚目は、蕾のガクが星に見えました。梅星!

光


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。