最初に勤めた会社をやめ、仕事で知り合ったデザイナーがやっている
六本木のデザイン事務所に居候させてもらった時代がありました。
今考えても本当にありがとう!(涙)。しかも絢爛ゴージャスな六本木!
当時、六本木なんてお洒落すぎて私のような朴訥で世間知らずは近寄り難い、
チャラチャラした遊び人しか行かない街というイメージしかなかったです。
今でもディープな部分は知りませんが、少しは歩けるようになりました。
画像は前回掲載の展覧会があった、元防衛庁の六本木ミッドタウン。
セミは鳴いてませんでしたが、初夏してました。

また太陽を入れちゃった


▲展覧会場中庭から見上げた風景。ビル(映り込み)はミッドタウンの高い所。


映りこみ


▲ミッドタウン入口のガラス天井に流れる水の、更にその影。


どうして?


▲一部、何故か虹色に見えた。


美味しいけど


▲中のショップ、虎屋風景。夏らしい暖簾が。


楕円の空


▲受付付近の天井とオブジェ。

  
コメント

う~む、さすが芸術家、景色の切り取り方に無駄がない!
ヨッ、おみごと!!!
勉強させてもらいます。
---------- Dai [ 編集] URL . 06/04, 06:53 -----
こんにちは
ミッドタウンは取引先があってたまに行くことがありましたが、この天井の水は知りませんでした。とても綺麗ですね。撮り方が素晴らしいです。
ところでスターウォーズの豆皿ですが、ちゃんと4枚ほど買ってきました。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 06/04, 08:16 -----

玉虫のような・・・スペクトルから出てきたような・・・光?色?
六本木はなぜ「六本木」と呼ばれるか・・・こんな話をしてましたよ。
だれが・・・あ、ラジオが。
江戸時代、このあたりに六軒の大名屋敷があったそうです。
その名前にみんな「木」がついてた。
上杉、青木、朽木、高木・・・あとの二つは覚えてない。では。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 06/04, 21:16 -----

▲Daiさん、
おおっ、ありがとう。
展覧会途中、中庭の空を見上げるとガラスの反射に心を奪われ
展示品より、そちらの撮影にはまってしまいました。
私の人生とお腹にには無駄がい~っぱい!
あっ、無駄話でした。


▲多摩NTの住人さん、
六本木あたりはどんどん変わってますね。
このミッドタウンは二回目。一回目は恐る恐るって感じでしたが。
天井の水は大通りから入る正面あたりでした。
まだ行ったことが無い、金沢21世紀美術館のプールの中のような
(天井に水)作品は見られませんが、ここで代用?的に見ました。
さりげなく食卓にスターウォーズ豆皿を出されたら楽しいでしょうね。


▲小肥りさん、
スペクトル…懐かしいがワクワクする言葉ですね。
建物関係の虹をいくつか撮っているんで、掲載時のタイトルにします。
これは多分太陽がどこかのガラスを通して分散しながら、
入ってきているんだと思います。しかも意図的でなく偶然に。
六本木のいわれ「六軒木」ならわかるけど…。
あっ、三軒茶屋みたいな感じ?
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 06/05, 08:03 -----

緑の惑星人さんらしい着眼の写真、楽しませていただきました。

国立新美術館が居心地がよいのでよく出かけます。帰りは必ずミッドタウンの FUJI FILM SQUARE にも寄ります。
新美術館、ミッドタウン周辺は、あれこれ撮影したくなるところがたくさんありますね。
---------- ディック [ 編集] URL . 06/13, 19:59 -----

▲ディックさん、
ありがとうございます。
国立新美術館はガラスが多く、曲面だし、明るいですね。
確か今やっているマグリット展にも行きたいのですが…。
FUJI FILM SQUARE寄りましたよ。結構、展示の密度が高いんですね。
ちょっとファンの、ゆる鉄の中井さん作品も展示されてました。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 06/15, 06:19 -----
コメントする