スーパーモデルでクリエイターでもあった山口小夜子さん(1949-2007)。
世界で活躍したその生き様や生きた証のような展覧会に行ってきました。
資生堂のポスターや、ヴォーグ、流行通信などの雑誌写真をはじめ、
舞台出演の様子、衣装デザインの数々、自筆画、ファッション映像など。
現代美術館の空間に独特の世界が広がっていました。
かれこれ数十年前、同じような催しが確か池袋の西武美術館であり、
会場でのショーで見た、小夜子さんに感激した事を思い出しました。

ところで最近、現代美術館のある木場公園や清澄白河あたりは、
お洒落スポットに変身しつつあるようです。せっかくだからと帰りに
日本初上陸で数時間待ち覚悟という「ブルーボトルコーヒー」へ。
しかし雨模様や時間帯のせいか、あっけないほどのレジ前5人。
無理なら見学だけのつもりでしたが、じっくり賞味。
ただその「ありがた味」は、猫に小判、ジジババに青色瓶珈琲でした。

そっくりマネキン



コラージュ的



ちょっと恐い



ここは二回目


▲撮影してもいい後半ゾーンにあったマネキン、入口など。


シルエット


▲美術館のカフェ入口。


名前がない



値段はまあまあ



グッズ


▲店内の椅子が高すぎて、短足の私には落ち着きませんでした。


何屋さん?



ファンキー


▲途中で見かけた別のスポットとケーキ工場のシャッター絵。

  
コメント

スターバックスがようやく出来たと八戸市民は大喜びしてると
いうのに、東京ではブルーボトルとかいうコーヒーショップが
話題ですか。
やってらんないわ。
もう1つ最近の話題を。
セブンイレブンが青森県では初めて八戸市内に
オープンしました。
スタバ、セブンイレブン・・・八戸もだんだん都会っぽく
なっていきます。
山口小夜子、神秘的な美しさが群を抜いてましたね。
受付に立つ女性、ほとんど裸状態?
---------- ポッチ~ [ 編集] URL . 06/05, 21:34 -----

>>>猫に小判、ジジババに青色瓶珈琲でした。
は、は、は、座布団3枚〜 ♪
---------- mitani [ 編集] URL . 06/05, 21:45 -----

いや~、なんとも言えない雰囲気をもってる人ですね~。
飾りを捨ててスパーっと 素材だけを活かすって感じでしょうか。
確かにね~、この感性、ジジババには似合ってないかも。
でも、感性の理解するジjババも居るんですから、納得して下さ~い。
それにしても、感情のない顔って 怖いですね~。
---------- ぽん吉 [ 編集] URL . 06/06, 09:08 -----

▲ポッチ~さん、
鳥取を最後にスターバックスが全国制覇しましたね。
昔でいうと、マックとか31アイスとかもそんな感じだったんですかね、
このブルーボトルは青山とかの都心を差し置いて、
清澄白河という地を選んだ意味がよくわかりません。
セブンイレブンできましたか。おめでとうございます。
数あるコンビニの中で一番頑張って、いわゆる業界を牽引しています。
ここのスイーツなどは結構ファン。特にロールケーキとシュークリーム。


▲mitaniさん、
座布団ありがとうございました。高すぎて座り心地はイマイチですが。
並ぶ限界は30分とかいいながら、たまには人気店で並んでいます。
この日も京橋のアジフライが美味しい店、松輪という店で
結局20分位並びました。美味しかったが胃が少しもたれました。


▲ぽん吉さん、
小夜子さんは、オラオラ的オーラがほとばしり、
まるで神のような人でした。ははーっ。
でも、西武でのファッションショーで、上半身が完全に透けるシャツを
着て出てきたのには、ちょっとビックリしましたが…。
感性、閑静、歓声、完成、歓声…色々鍛えましょう!
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 06/06, 23:05 -----

山口小夜子さん、とある知り合いの幼なじみでした。
もちろんお目にかかったことは有りませんが・・・、ご実家を教えてもらいました。
ミーハーだったワタシ。
短足だと落ち着かない店、私にも無理ですね。
昔サイズのオジンにも愛の手を!
---------- Dai [ 編集] URL . 06/07, 10:07 -----

う~む・・・
三枚目のお面なんぞいきなり現れたら怖いだろうな・・・。
ドキッ!ですわ。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 06/07, 15:44 -----

▲Daiさん、
本当ですか? 普段の小夜子さんを知りたかったなぁ。
あわよくば、飲み屋とかでご一緒したかった(そんな所は行かないか)。
ブルーなんちゃら、あくまでも観光名所的に見てみよう!体制でした。
田舎のジジババには椅子以上に居心地がイマイチ。
でも、ワタクシは一般人とは違うの!的な勘違い人が少しいたかも。
お土産に自分にコーヒーカップでもと思ったら、なんと2000円以上。
すごすごと帰宅しました。ハイ。


▲小肥りさん、
我々には崇高な存在のヒトだったんですね。(強引に我々と言ったが)
このお面を本人がかぶり、色々なところに行っている動画もありました。
何だかそれは不思議な世界でした。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 06/07, 22:35 -----
コメントする