南蛮貿易と言うと、南蛮(スペインやポルトガル)商人との貿易を指すが、
チキン南蛮、南蛮漬け、カレー南蛮、鴨南蛮、南蛮漬け、南蛮味噌など
南蛮料理と言うと、長ネギや唐辛子関係が多いらしい。

てなことはネットに任せて、本題の「南蛮煙管/ナンバンギセル」に。
要は南蛮人(バンバンジーじゃないです)が咥えていたパイプ似らしい。
他の植物の根に寄生する植物で、光合成をする葉緑素を持たない。
画像は、本日8/23、近所の長池公園のススキの根元で見た大群。
管理事務所の公園内開花情報を見て把握。ススキの葉を掻き分けると
…吃驚、きっと奥まで数千はあるかも。 こんな膨大な数、お初です。
最後の写真は、扶養者のススキさんです。(4枚目はアップの2画像)

何番?


おびただしい数


ススキで痒い


中は恐い


ひさしぶりな花


多過ぎ




いこいの場


  
コメント

すごい数ですね。
毎年、増えてきているようです・・・・
4枚目、5枚目のアップも良いですね。
---------- 秀 [ 編集] URL . 08/23, 20:23 -----

ナンバンキセルの和名は「思い草」とか・・・

「 道の辺(へ)の 尾花が下の 思ひ草
    今さらさらに 何をか思はむ 」 万葉集 作者未詳

( 道のほとりに茂る尾花の下で物思いにふけっているように咲く思ひ草。
  その草のように、もう今さら思い迷ったりなどするものか )

名前は南蛮と言われても、は渡来植物ではありません、とも・・・
       貴兄に寄生して、また、勉強しました。
---------- SW-Zi [ 編集] URL . 08/23, 23:37 -----
こんにちは
もうナンバンギセルが出ていましたか。
今年はずいぶん数が多いようですね。
私も見に行ってみます。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 08/24, 10:46 -----

▲秀さん、
南蛮キセルを見たのは、随分前の王貞治記念グランド近辺や、
神代植物園でくらい。
ここにこんな咲いていること自体、今まで知りませんでした。
しかもこんなに群生するもんなのですね。
管理事務所で情報を見なかったら、後で後悔していたかも。


▲SW-Ziさん、
和名の「思い草」まで語ると大変と思い、記載しませんでした。
凄い前から存在するんですね。
秋の季語で、古歌に詠まれた「思ひ草」は沢山あるようです。
寄生じゃなく、何でも「トライ」してください。


▲多摩NTの住人さん、
ここに咲くのは知りませんでした。しかも気づきにくいですね。
ふらりと行ったので、半袖姿。知っていたら長袖にするんだった。
蚊はいなかったようですが、ススキの葉で痒くなってしまいました。
今年は多いと管理の方も言ってました。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 08/24, 11:18 -----

すごい数ですね。
ナンバンギセルって、いままで2回しか見たことがありません。
一回目は大和の高松塚古墳のある公園、二回目は新宿御苑。
写真のようにたくさん見られるなんて、とてもうらやましいです。
---------- ディック [ 編集] URL . 09/02, 17:54 -----

▲ディックさん、
私もこんな数を見るのは初めて。撮っていて興奮しました。
100mmマクロレンズしか持っていかなかったので、
もっと凄い数をお見せできませんでしたが、本当に凄い量でした。
半袖姿でススキを掻き分けてたので、腕にかなり細かい傷が…。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 09/02, 18:18 -----
コメントする