今回は立体看板。立体パワーって何も言わなくても強いですね。
貯金は貯まらないが、こうう看板系画像はちょこちょこ溜まってました。

話は変わりますが、昨日見た新作映画予告「ジャングルブック」。
子供以外全部CGだと言うが、その景色や動物たち、立体感や空気感が
半端じゃなくリアル。というか幾ら言われても実写のようです。

ソーセージ


▲2015/10/08撮、確か秋葉原駅近くの洋風飲食店店頭でした。
ケチャップじゃなく、もうバタ臭さ充満。自逆性満載。色気もチラリ。


不二家

▲2016/02/26撮、三浦海岸駅近くの某洋菓子店階段口で。
体の方の苺表現がいい加減だが、これはそのまま欲しい。批評が甘口?


豚横
豚前

▲2016/02/12撮、神田駅近くの店、何屋さんだったんだろう?
無表情感がいい。ひび割れもものとせず日々静かに佇んでるんでしょう。

  
コメント
こんにちは
よくこういうのを見つけられますね。本当に感心します。ブタの無表情が哀愁を感じますね。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 06/05, 15:36 -----

最初のはホットドッグでがんすな。次は不二家でペコちゃん。豚は・・・
CGができてからディズニーアニメが面白くなくなった。
ボクは「白雪姫」や「不思議の国のアリス」などの古典的なのがいい。
現在の立体感のある高度な技術の作品はいつからだろう。魅力に欠ける。
なんだか一枚一枚手で描いてるアニメーターの熱意が感じられないのよ。
だから見ない。今度会ったら言っといてください。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 06/05, 16:30 -----

▲多摩NTの住人さん、
もう、どこに行っても職業柄目に付きます。
ペコちゃんは着物やサンタはよく見ますが、ここまでとは。
こういうのって、全国展開なのでしょかね?
ブタさん、時給ももらえないのに。


▲小肥りさん、
新しいモノを拒んでばかりいてはダメですよ。両方共存だからいい。
もちろん、アニメのディズ〇ージャングルブックもいいです。
パソコンでで絵ガ描けるようになった出始めた頃、
否定していた自分が今でも苦しめています。
webなんかもとっくに出来たろうに。
後悔の毎日です(大げさ?)
日本もジブリ以外の若者も沢山出てきて頼もしいですね。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 06/06, 07:50 -----

自分ではぶらぶらしなくても、ここで街歩きの楽しさを十分楽しむことができます。「お、これは! 」という写真が1記事になんと3枚もあるんですから、こりゃあ、おもしろいわ!
小肥りさんは、なんだかんだおっしゃってますが、この立体看板に自分が出会いたかった、と思っていらっしゃるでしょう、
私の感覚としては、1枚目のホットドッグが一番おもしろい。
「ジャングルブック」の予告編、捜してみまーす。
---------- ディック [ 編集] URL . 06/10, 20:24 -----

▲ディックさん、
ありがとうございます。街では面白いものが山程ありますよ。
植物はもう数年すると繰り返しになってしまいます。
最初の感動も色々薄れてきて…。後はどう綺麗に撮るかとかに
なってしまいそうなので。もちろん撮影は辞めませんが。
街もどんどん変わっていくし、知らない街の特に裏飲食店街や
こういう小物などの出会いも楽しい。
要はあまり拘らずに色々写真で遊ぼうと思っております。
同じようなテーマが最低3枚くらい貯まると掲載するような感じで
自分に課しています。
ホットドッグ、どう考えても日本の発想じゃないですよね。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 06/11, 08:52 -----
コメントする