FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/25、美大時代の首都圏在住OBの、とある集まりで人生初の迎賓館に。
晩餐会や園遊会に招かれたわけでなく、参観抽選に当たっただけですがね。
でも我ら総勢14名という団体は参観開始以来の新記録だとか。

国賓のレセプション等をする洋風「本館」と奥の「和風別館」を見学。
別館はガイドを含め3名がピッタリ付添い、粗相の無いよう始終マーク。
触るな・踏むな・越えるな!等、禁止事項が多過ぎて緊張の連続。
なら、参観開放しなければいいじゃんとも思えたほど。
室内は思いのほか質素。もっと豪奢な割烹料亭が山ほどあるだろうにね。
洋館内は勝手に自由見学でした…と言っても目を光らす警備が無数配置。

門と月タテ

迎賓館は内閣府管理、奥の皇室在住の赤坂離宮は宮内庁管理。
その堺には、しっかりした門か柵があると思いきや、道に子供も持てそうな
陸上ハードル状の小さな竹製工作物のみ。それでも一応「結界」。
画像はそんな迎賓館の外のみ、館内は全て撮影禁止でした。
夜は赤坂駅付近で新年会。こうして、赤坂の夜は更けていったのでした。



本館と待つ



正面



雪松



本館夕日



桐紋章



バッチ



噴水逆光



噴水獣

▲本館の正面・前庭や背面・主庭、有名な白い正門、裏の大噴水など。
参観前に少し時間があったので、誰でも可能な前庭に入った時は入口で
カメラ三脚がダメと預けるはめに。その後、改めて別入口から参観で
前庭を含む奥や建物内に入った時は、それは問わなかった。意味不明。
ただ、空港並みX線チェックや、開封済み飲物の本人お毒味はありました。
青い桐文様のバッチは回収されました。残念。


雪道2



鯉



別館建物



楠

▲別館への雪道(ちょっとでも芝生を踏むと注意が!)と、
トランプ大統領が鯉に餌をあげたという、池のある和風別館の外観。
池面の太陽反射光が建物に当たる「ゆらぎ」が特徴だとか。
2年前からの参観可能後、雪+ゆらぎ見物は珍しかったらしい。
  
コメント

お見事! さすがやね〜♪
---------- mitani [ 編集] URL . 01/26, 22:32 -----

▲mitaniさん、
ありがとう。
名幹事!色々お疲れさまでした。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 01/27, 08:33 -----

迎賓館は芸大の時、見学させてもらいました。芸大の先生がが修復作業をしていたみたい。噴水の彫刻写真が強いですねぇ・・・
---------- マミケン [ 編集] URL . 01/27, 08:58 -----

5~60年前、行ってます。2度も。
ここは元紀州徳川家の江戸藩邸。その後練兵場になったりしたそうだわ。宮殿として建てられたらしいけど使われず、貸しビル状態が長かったそうです。店子はいろいろ替わったようで、国会図書館時代に一度行った。それからJOCが入ってたときにハトバスのツアーで行った。すごいでしょ。地図で見るとほとんど真北に面し、わずかに10度ほど東を向いてる。朝のうち、少し太陽があたるがほとんど一日陽光を浴びない。光を浴びて写ってるのは南面だと思います。
解説を見ると・・・片山東熊設計のネオ・バロック様式。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 01/27, 09:55 -----

▲マミケンさん、
芸大が絡んでいるようですね。
キンキラ室内の中心辺りに、小磯良平さんの大きな油絵がありました。
美術科と音楽科の室内・生徒たちの絵。
建物や噴水は国宝らしいです。


▲小肥りさん、
行かれてましたか。はとバスで。
何か紆余曲折があったらしいが、貸しビルまで?とは。
図書館利用は説明にも。室内は全体にキンキラ状態。
西洋要素90%に、甲冑や御紋などの日本要素を無理矢理付けた感じ。
ボランティアの解説お爺様たちが張り切っていました。
個人的には白い門が一番威厳があって絵になりました。
元は黒塗りだったとか。黒歴史が。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 01/28, 08:12 -----

興味はありますけれど、記事の内容を読んでいたら、なんか面倒くさそうで、体験したみたいという気がしぼんできてしまいました。
小肥りさんのコメントは、建築物に深い指揮のある方だけに、マニアックだなあ、と感心しました。
---------- ディック [ 編集] URL . 01/28, 22:40 -----
こんにちは
迎賓館を見学されましたか。時々、仕事でその前を通ることはありますが、行列を見ることはありますが入ったことはありません。中の撮影禁止は残念でしたね。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 01/29, 08:16 -----

▲ディックさん、
興味を無くされたようで、何だかすみません。
でも結構うるさいのは事実です。
あと、ヨーロッパの建築様式などに造詣の深いディックさんから見ると
本館内部なんか、多分、どれも紛い物みたいに見えると思います。
キンキラ成金趣味的で全体の統一感もあまり無い。
外国から来たお客様に、これは無いだろう、もっと日本的なのを…と
美大出身の我々みんなも言ってました。
まあ、でも、建物や噴水まで、明治以降の貴重な国宝らしいです。



▲多摩NTの住人さん、
正門から入り、前庭から見るだけなら、
簡単な荷物検査だけだから簡単ですぐ入れますよ。
中が撮影禁止なんて、光に弱い襖絵などを持つ京都の寺院や、
貴重な絵が並ぶ美術館ならわかりますけれど、そこまでヤワではない。
何だか、機密ともったいぶっているんですかね。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 01/30, 07:11 -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。