最後に、建物の続きになりますが、建物の一部もちょっと追加掲載。
新館に向かう通路の左側面、細かくうねった大きいガラスと、
その、通路に写る影や透過画像が私的にはアート作品に見えました。
ガラスの凸凹模様の影に濃度の違いがはっきり。
クジャクの羽模様にも見えたし、奥行きによってボケ味が違うのも斬新。
結局、全ての中で一番時間を過ごしたがここかもしれない。

ガラス建物



歩く



ガラス顔



自分影
  
コメント
こんにちは
不思議な作品ですね。1枚目はたくさんのおじさんたちが左を見ているように見えました。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 02/21, 07:48 -----

あー、25日で終わりじゃないですか。
もう見にいく時間はなさそうです。
この記事の2枚目の写真は、建物と建物のつなぎ廊下になっているところですよね。
あそこは確かにおもしろい!
写真を撮ると、ほんとうに凹凸があるように見えますね。
---------- ディック [ 編集] URL . 02/21, 21:40 -----

▲多摩NTの住人さん、
こんなんで遊んでしまいました。このガラスが欲しい。
1枚目、そうですね。顔が沢山。この日はズームだけだったので、
近寄れるマクロレンズを持っていかなかったのが不覚。
また今度挑戦します。
最近、好きな物にいつまでも対峙しすぎで、子供になった気分。


▲ディックさん、
展覧会の展示物によって、建物内まで撮れない時があるようです。
というか、通常はすべて撮影禁止だとか。
この場所、そうです、建物と建物のつなぎ廊下。
影自体はボケているので普通に撮ってもボケてしまう。当たり前ですが。
この時は、ストーカーのように撮影していました。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 02/22, 08:30 -----

特に1枚目がスゴイなぁ・・・もうこうなると抽象絵画と同じですねぇ・・・
---------- マミケン [ 編集] URL . 02/22, 10:54 -----

不思議な力があります。
魅力なのか・・・魔力なのか・・・う~~~む
---------- 小肥り [ 編集] URL . 02/23, 19:34 -----

▲マミケンさん、
もっとじっくり居たかったが、もうあまり時間が無く、
家に戻らなければいけなかったので、残念。
川面も含め、こういうの面白いですよね。
ガラスの向こうに立つ美人とかも撮りたい。美人でなくても。はは。


▲小肥りさん、
フィギアスケートのロシア美女2人、魔力、魅力、迫力、努力、引力。
私は、沢尻似の金ギトワより、銀メドヴェージェワがよくてよ。あなたは?
で、なぜロシアは美しい娘が多いんだ? 美シア! 
教えて ぐるぐる爺!
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 02/24, 09:22 -----
コメントする