昨秋放映ドラマ「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!」
直木賞作家 荻原浩 原作、朝ドラ「ひよっこ」等の岡田 惠和 脚本。
大手広告代理店の敏腕広告マン(主演:沢村一樹)が仕事で揉めて退社し、
零細広告会社に拾われるも、その会社も移転。
移転先の寂れた港町「さくら通り商店街」を何とかしたいというお話。
「広告会社・ロケ地 三崎」という興味ある題材なのでつい見てしまった。

もともと、レトロで小さな三崎の街を撮りたいと思ってたので、4/20、
特に下調べもせず商店街を散策。空気を感じたいと歩いていたら、
とある建物(松月商店)にまだ、番組使用看板が残ったままありました。
他にもそれらしき建物をいくつか発見。ついでに諸々。
主人公が住んでいた設定と思われる船具屋に、吉田戦車 画の暖簾まで。
後でまた来ようと思ってたら、夕方5時には閉まっていた。
夕飯は街外れ海側の店でまぐろ丼。他に客の気配が無かった。大丈夫か?

夜景

同じ三崎ロケ、TOKIO長瀬くん主演「泣くな、はらちゃん」も好きでした。
…と思ったら、脚本家も同じ岡田惠和氏でした。



猫



看板



バッカス



橋



魚柵



松浦



魚屋



戦車

  
コメント

広告代理店ものって、けっこう失敗・成功がはっきりしている仕事だからドラマになりやすい。もっとも職業の人気としては、今より少し前な感じがしますね。トレンディドラマにはやたら広告マンがでてきたような気がしますが・・・・今はネット関係とかが多いので、ドラマになりにくいのかも・・・
---------- マミケン [ 編集] URL . 05/03, 15:39 -----

このドラマを見ていれば、この記事をもっと楽しめたのか…、とは思いますが、本記事の写真に醸し出されている雰囲気は「なるほど」と理解できるので、おもしろく拝見しております。
---------- ディック [ 編集] URL . 05/03, 18:51 -----

▲マミケンさん、
最近は人気無いでしょね、広告代理店。残業問題もあるし。
昔は、石を投げれば自称デザイナーだったが、
今は、YOUTUBERか、IT関連か?
広い意味で言えば、ウチの子供2人もITかも。
テレビドラマは、最近、警察検事や医者ばかりでみんな同じに見える。


▲ディックさん、
ドラマ設定というより、街自体がドラマと同じに寂れています。
小さなバーにでもと思っても、電気が消えています。土日はどうかな?
でも味わいはあり。ややセットっぽいが。
海のある小さい街だから、ふらっと歩くにはちょうどいい景色かも。
先の、城ヶ島一周もそのうち回りたいと思ってます。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 05/04, 10:31 -----
コメントする