FC2ブログ
  
昨日掲載の白雲木という名は、こちらのような木が似合います。
モクセイ科・ヒトツバタゴ。 通称ナンジャモンジャ。
05.04.調布・深大寺境内で。
この花を見た、とあるお殿様が家来に「あれはなんじゃ」と聞いた時、
「なんじゃもんじゃ(何でしょうかねぇ)」と答えたのが最初だそうな。
眉唾でもいいが、楽しい話である。 そんな白眉な4枚花弁の花。


そういえば最近、このブログの訪問者が激増。
何かに載ったのでしょうか? どなたか教えて。 なんじゃもんじゃ。


何じゃ疎


何じゃ蜜



何じゃ蜜2


  
コメント

コメントしようとすると、何故か日本語での入力ができなくなりました。
前回の「ハンカチノキ」は珍しい木ですね。やっと回復しました。その理由は不明。
それから「匂いのする木」も・・・街路樹に使っている街を訪ねたい!
今回はまたまた「ナンジャモン者」とか?次回が楽しみです。
---------- Wakalan-Zi [ 編集] URL . 05/06, 08:25 -----
そんなもんじゃ、ったのか!
以前から気になっていた「なんじゃもんじゃ」。
今日、分かりました。
見事な花ですね。写真の腕前も。
近くの高麗神社に幼木が植えられており、花が咲くのが楽しみになりました。
---------- 森男 [ 編集] URL . 05/06, 09:18 -----

知らなかったなあ、なんじゃもんじゃ。
オーストラリアで聞いた似たような話。
昔、オーストラリアに来た英国の探検家が草原を
飛び跳ねる動物を指差してガイドの現地人に
「あれはなにか」と尋ねた。
ガイドは「カンガルー」と答えたのでその動物は
カンガルーと呼ばれるようになった。
本当は「わかんねえ」という意味だそうな。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 05/06, 10:40 -----

訪問者激増♪

そりゃあ、面白いからでしょうよ。
疲れないように頑張ってねん^m^
---------- みず保 [ 編集] URL . 05/06, 11:00 -----

名前の由来って 本当ですか~?
じゃ~ モンジャ焼きもその類でしょうか?
カンガルーも?
なんか後付けのネーミングみたいですよネ。

訪問者激増、喜ばしいことではありませんか!
ひょっとして TV出演オファーがあるかも??
---------- ぽん吉 [ 編集] URL . 05/06, 11:12 -----

ウイットに富んだアート性が受けてるんじゃないですか? なんじゃもんじゃの由来面白い。眉唾でも白眉ですね。 私の電子辞書では、その地方では見られない大木をさして言うとありました。
---------- AM11時 [ 編集] URL . 05/06, 13:46 -----

私の母方の実家近くにもナンジャモンジャの木がありました。
そうとうな古木でうろも出来ておりましたが、こんなきれいな花が咲くとは知りませんでした。
今も元気かなぁ?
---------- Dai [ 編集] URL . 05/06, 16:55 -----

ナンジャモンジャ・・・聞いたことも見たこともない、と思う。
離れて見ると、随分繁茂して咲くんですね。もんじゃもんじゃと。
---------- eiji [ 編集] URL . 05/06, 20:37 -----

大昔、小学校2年生の時、遠足で深大寺に行きなんじゃもんじゃの木というのがあることを知りました。
この写真も深大寺ですか!
その木の名前だけが記憶に残り、どんな木でどんな花が咲くのかはまったく記憶に残ってない。。。
今こちらで拝見し、これかー!って感じです^^
なんじゃもんじゃ という名前は、小学生の私には、かなり衝撃的だったのかなw
一つ一つはとても優しく可憐な花ですね^^
満開の木はみごとです!
---------- m_merry [ 編集] URL . 05/07, 13:26 -----

▲Wakalan-Ziさん、
ハンカチの木や、このヒトツバタゴ。
みんな植物写真を撮り始めてから知ったもの。
多分見てはいたんでしょうが、記憶になし。
匂う街といったら、札幌のライラック街路樹なんかどうですか。


▲森男さん、
深大寺じゃなくても、結構見られます。
青山の絵画館横や、今日行った都立薬草園にも大木があります。
花は本当にサラとスッキリ。
もっといい名前をあげればいいのに。



▲小肥さん、
二年前にもこの花を扱いました。
http://blog.livedoor.jp/plantplanet/archives/2006-05.html?p=2
カンガルー伝説も面白いですね。
今度から、写した写真の植物名がわかんなかったら
みんな「ナンジャモンジャ」にしてしまいましょう。



▲みず保さん、
こちらもご無沙汰しております。
今の時期、京都は竹林などいい被写体が沢山ありそうですね。
現在我が小ガモは、京都から東京に帰省中です。
訪問者、残念ながら一時のブームだったらしい。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 05/07, 21:57 -----

▲ぽん吉さん、
お帰りなさい。名前の由来、ですから眉唾かもと。
由来ってそんなもんですよ。少なくとも、私の創作ではありません。
「後付け」、そういえば、広告コンセプトも後付けが多かったかも。
都合のいい資料なんか、それこそゴマンとありそうです。
訪問者の件、某有名人・小肥さんのようなTV出演どころか
リンクのお誘いさえ来ませ~ん。



▲AM11時さん、
名前の由来、水戸黄門という話もありますが、どうせ眉唾でしょう。
調べると、ナンジャモンジャはわかんない植物という意味の総称で、
各地に伝承があり、土地毎で違う植物があてはまる事が多いらしい。
全国に45ヶ所29種類あり、有名なもの、
○明治神宮外苑のヒトツバタゴ ○小石川植物園のウスバヤブニッケイ
○神奈川県海老名市本郷の有馬のハルニレ
○埼玉県東松山市箭弓街道付近のイヌザクラ…など。



▲Daiさん、
2年前に掲載したときもそんなお話をしたような…。
この木、結構大きくなるようです。
初夏のような爽やかで涼しげな木。
上のAMさんに書いたように、土地土地の伝承って面白いですね。



▲eijiさん、
通称にしろ、結構インパクトのある名前ですね。
遠くからみる、確かにもんじゃもんじゃと霞がかかったようです。
そういえば、池袋サンシャインに「なんじゃ」タウンもありますね。
ぽん吉さんが言っていた「もんじゃ」焼きも。



▲m_merryさん、
深大寺に遠足? 子供にとってはあまり面白く無い場所では…。
深大寺には今でもこのように咲いていて、看板も立っています。
撮影に行った日は一番綺麗な頃だったみたい。
また、門前にも同じ木があり解説がありましたよ。
ところで訪問者の件、merryさんのご紹介のお陰だったんでしょうか。
でも、嵐のように去っていきました。なんじゃ。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 05/07, 22:24 -----

私の遠い記憶では、確か深大寺の山門の階段のところで記念写真を。。。深大寺の後、植物園に行ったのだと思います。
薔薇の咲く頃だったと思います。
あまり面白くなかったので、記憶も薄いのでしょうね^^;
ああ、先日勝手に私のブログでこちらをご紹介しましたものね^^
あの鯉のぼりの日に来客者が多いのなら、そのせいかもしれませんね。
---------- m_merry [ 編集] URL . 05/08, 07:51 -----

▲m_merryさん、
そんな写真ってまだお手元にあるんですか?
その神代植物公園(何故かジンダイの字が違う)、
現在はまだちょっとバラには早かったです。
リンクどうもです。普段の5倍くらいになりました。
このままずっと? わ~い!…と思ったら、すぐ戻っちゃいましたがね。
魅力ないのかな…(泣く)。 なんて。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 05/09, 10:34 -----
コメントする