12日、仕事で新宿に出た帰り、額を買いに新宿三丁目の世界堂へ。
しかし伊勢丹前で花園神社「酉の市」のお知らせ看板を発見。
今日なんだ~と釣られ、フラフラと速攻方向転換。
あらゆる縁起物が詰まった商売繁盛の熊手を売り、手締めを添える。
さすが新宿、購入客はお水関係者も多いようでした。
どこぞのホスト君たちも立派なお客様。 それに引き換え、賽銭は投げても
熊手は買わない俄か写真家たち(私も)は邪魔者だったようです。


なお私が唯一散財したのは、縁起物らしい「喜利(切り)山椒」餅。
境内の露天にもあったが味が怪しいので、明治通沿いの花園饅頭で購入。
爽やかなお味でした。 由来は調べても解りませんでしたがね。


ホストの世界も神頼み



ビル街と酉の市、ミスマッチ日本


北の参道から


雷電神社、花園神社、大島神社


二の酉は24日だそうな


おぉ、ジャパニーズまつ~り

  
コメント

提灯ダ~! おたふくの笑顔、 なぜか高木のブーさんみたい。
夕暮れの提灯は 優しい色ですネ~。 でも中は電球なんでしょ?
先日の天皇陛下のお祝いにも提灯持ったオバさん方が一杯でしたネ。
さて、額購入後はお祭へと 新宿2丁目のあちらの世界へと お出かけですか?
報告は 後日? 取り(ナニを?)のイチ速報 楽しみにしています。
---------- ぽん吉 [ 編集] URL . 11/15, 10:50 -----

「二の酉」とか「三の酉」というのがよくわかりません。
火事が多い・・・というのもよくわかりません。
商売の神様か・・・
大阪でいうところの「今宮戎」(いまみやえびす)みたいなもの(?)
「商売繁盛 持って来い」って歌うやつ。
夜の新宿2丁目は幻想的で倒錯的でなかなか・・・
すごいものがあります。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 11/15, 11:02 -----

なんとも懐かしい!
隣の区域は、毎晩飲んだくれた街。

友達のマスター連中の殆どはもう居ないのだ、
この世を去って行った。
---------- 回顧爺 [ 編集] URL . 11/15, 13:28 -----

初めと最後好きだな~!!
---------- Dai [ 編集] URL . 11/15, 13:48 -----

花園神社の酉の市・・・にぎやか、繁盛してそうですね。
露天もいっぱい!「き焼み好お風島広」もあったりして・・・。
おでんは・・・?一杯やりましたか?
ついでに、花園饅頭も甘納豆も仕入れておけばよかったのに・・・5日のストックに。
---------- eiji [ 編集] URL . 11/15, 17:20 -----

▲ぽん吉さん、
確かに高木ブーさん似ですね。体も提灯みたいだったかな。
白熱球は癒しの色ですよね。ガード下などにありそうな飲み屋の色でも。
そうそう、エグザイルを見に行けばよかった。忘れてた。
2丁目ですか? 一人で撮影に行けないので、ぽん吉さん、一緒に行きましょうよ。
見知らぬめくるめく世界へ。手は繋がなくていいから。


▲小肥さん、
私に聞いても答えられませんから、WIKIPEDIAさんにでも聞いてくださいな。
そもそも信仰厚くて行ったわけじゃないし。罰あたりと言われそう。
えっ、新宿二丁目に行きたいのですか? それとも常連だったのですか?
そうだ、次々回のオフ会でじっくり連れてっておくんなまし。
新宿2丁目ワンダーランドへ。(なぜ3丁目から話がみんな2丁目に行くかな~)


▲回顧爺さん、
そう、ゴールデン街ですね。
客に、文士などの有名人がゴロゴロいたようですね。
もちろん、オムザさんも常連さんでしたか。
若い頃、連れていってもらったことが何回もありますが、
やはりふらっと一人では入れないなぁ。何か銀座とかと匂いが違う。


▲Daiさん、
始めと終わり、人がメインのですね。
始めの主役は撮れたつもりだが、周りの人が邪魔だったなぁ。
残念。もっと望遠で狙うべきだった。
全部手持ちはきついッス。


▲eijiさん、
まだ夕方だたから、まだこれでも空いていたのかも。
神社は並びましたがね。
露天販売というか、露天俄か飲み屋が多かった。おでんもありました。
家に帰れなくなるので、飲みませんでしたが。
後で知ったが、見世物小屋もあるらしい。蛇女とかの。
5日用の甘いものおやつは、吉祥寺で買おうかと…。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 11/16, 00:35 -----

夕刻に行かれたのですね。
提灯や露天の灯りがきれいで雰囲気を盛り上げてます。
ここに限らず,アマチュアカメラマンはお金は使わないわ
三脚使って邪魔をするわで,どこに行っても邪魔者扱いですね。
---------- hal@kyoto [ 編集] URL . 11/16, 05:38 -----

花園神社は、昔近所のビルの居酒屋で宴会をやったことがあり、時間つぶしでフラフラしていた場所です。神社+祭りでまさに日本の空間ですねぇ・・・・

新宿を歩くと良くホストを目にします。昔はホステスが多かったのに、男女同権なんだなぁ・・・今や。
---------- マミケン [ 編集] URL . 11/16, 10:47 -----

新宿・花園神社の酉の市は有名ですね。知り合いがよく、ここの写真を撮ってきます。茨城北部の花園渓谷にある花園神社は今、紅葉が真っ盛りです。
「喜利(切り)山椒」餅、どんな縁起でしょうか、興味あります。正月に田舎に帰ったら、長老に聞いてみます。
---------- oldsan [ 編集] URL . 11/16, 18:52 -----

▲hal@kyotoさん、
こういう祭りは、やはり夕方から夜が活気付きますね。
カメラにとっては難しい時間ですが。
灯りが入ると、何でも無い風景も情感が増してきます。
この前京都に行った時も、写真を撮るなという店先表示が
とても多く見られました。
読めない外人さんは、もちろん気にしていませんでしたが。


▲マミケンさん、
まさしく地元に根付いた神社。骨董市も時々開催されていますね。
歌舞伎町は確かにホスト顔見世の大きい看板も目立ちます。
でも、すれ違うホストの方々を見ると、顔じゃないんだなぁと
思ってしまう。心・話術・体?ですかね。
最近、電車やタクシーの運転手さんも女性が多くなってきた。
これらは歓迎。いい時代だと思いますよ。


▲oldsanさん、
まず花園神社という名前がいいです。
新宿には昼の花園が少ないですが、夜の妖しい花園は沢山ある。
茨城にもあるんですか。
和菓子などは、よく説明書きが買った袋や冊子であるんですが、
これは一切無かったです。わかったら教えてください。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 11/17, 06:49 -----

こういった街の風情はずっと残って欲しいです。
無くなったら、寂しくなるよ。こういうものが生活に
潤いを与えるような気がします。
---------- いかさし [ 編集] URL . 11/17, 23:43 -----

▲いかさしさん、
無機的なビル街にこういうのがポツンとあるのって、いいですよね。
外国だと教会かなんかだけれど、庶民度が断然違う。
このなんだかグチャグチャした部分を見ると、
あぁ、日本もやっぱりアジアの一国なんだなあと思います。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 11/18, 19:12 -----
コメントする