FC2ブログ
  
前回は尾瀬時間の夏だったので、今回は尾瀬時間の春に行きました。
狙いはもちろん、尾瀬の代名詞=水芭蕉/ミズバショウを堪能しに。
窮屈な夜行バスに乗り、昨日朝5時頃には出発地点の鳩待峠に到着。
尾瀬ヶ原までの坂道を、はやる心と足で降りていったが、嗚呼…
くすみ・崩れ・萎れが始まっていて、水芭蕉はアップに耐えない美人に。
今年の不順天候を参考に遅めに行ったのが敗因。遅過ぎた。
それでも、全く見られない「見ず芭蕉」よりマシなのかも。


アップ写真の大半は、かろうじて美品が残る坂道で撮影。
白マントは仏炎苞/ブツエンホウという葉のようなもので、
黄色芯が花序/カジョという本当の花の群。


有名スポット・大堀川周辺と至仏山





水の中に咲いているのが一番な水芭蕉




「すっ、すまん。このとおり…」




水際を抑えている水芭蕉




湿っているが下に水は見えない




小さすぎる花々




川にも移る水芭蕉




なにやら先がスパイラル




人が行けない奥まで咲いている




なぜかエグザイルしている




一枚目と同じ 遠景だと多少の汚れ花は目立たない?




すっきりデザイン的、サトイモ科の水芭蕉

  
コメント

遅くても、遅れてもアップに耐える健気な水芭蕉。
それはカメラマンの執念か?腕か?

遅れずに、一番乗りだあああ・・・
---------- SW-Zi [ 編集] URL . 06/08, 12:02 -----

あ-いいなー尾瀬
一緒に行きたかったです
ご無沙汰してました でも写真はもらさず見せて頂いてます
先日は横浜で会えると思っていたのですが 残念でした
引越しが済んで 以前の調子が戻った様ですね
これからも楽しませてもらいます
---------- Harowin [ 編集] URL . 06/08, 12:57 -----

高校1年だったか、クラスの友人と尾瀬に行った。最後のようにアップにすると水芭蕉の力強さが際立ちますねぇ・・・「夏が来ると思いだす~♪」
---------- マミケン [ 編集] URL . 06/08, 15:14 -----

尾瀬に行ったのは何年前だったか、もう忘れました。
とにかく山開きの当日だった。鳩待峠から至仏山を背に東電小屋
まで歩き、その往復でした。残念なことに、当時はカメラをやってい
なかったので、写真はありません。水芭蕉がいっぱい咲いていた
のに^m^。その後、吹割の滝近くに泊り、翌日800kmを一人
運転で帰ってきましたが、相方は助手席でビールを飲んでひっくり
返っていたのを思い出します。
---------- Tatsuru [ 編集] URL . 06/08, 21:57 -----

行きましたねえ。あれからもう2年・・・早いもんです。
今回はごいっしょできなくて許してたもれ。
ミズバショウ・・・きれいに撮れてるじゃありませんか。
雪の山はどこだろう。eijiさんがわかるかな。
敬意を表して歌わせていただきます。
 夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 遠い雲
 霧の中に浮かび来る やさしい影 野の小道
 水芭蕉の花が咲いている 夢見て咲いている水のほとり
 石楠花色に 黄昏る はるかな尾瀬 遠い空
以下略
---------- 小肥り [ 編集] URL . 06/08, 23:50 -----

「見ず芭蕉」はうまいね~!
これを言いたくて遅らせたんじゃないの~?
白マントは仏炎苞/ブツエンホウというのか・・ホォ~・・
黄色芯が花序/カジョという本当の花なのか・・いくつ咲いてるのかなかじょえてみるか・・
こりゃまた失礼!
最後のカット好きです。
綺麗な写真ですね。

---------- Dai [ 編集] URL . 06/09, 06:08 -----

行ったんだ・・・今回はたった一人で。
どの画像もプロの腕前・・・絵ハガキ以上ですね。
残雪の至仏山を背にした、尾瀬ヶ原・中田代からのカメラアングル。
水芭蕉と山の光景はこのアングルが最高・・・絵ハガキによく出ます。
来月下旬、尾瀬の隣の山上の楽園・・・会津駒ヶ岳へ登ります。
---------- eiji [ 編集] URL . 06/09, 14:57 -----

こんばんわ!

尾瀬ですか・・・・素晴らしい場所ですね!
いつか行ってみたいリストに加えておきます(^^)/
湿地帯の中に咲く白い花は見事です。綺麗な写真に感動しました。
---------- ハチオウジタロウ [ 編集] URL . 06/09, 22:57 -----

▲SW-Ziさん、
前回のスカイツリーのごとく、水芭蕉を中心テーマとし、
例え汚れていても執念で美品を捜しました。
しかしそのせいか、歩きすぎてかなり疲れました。
万歩計を付けとけばよかった。
Ziさんものんびり歩けば行けますよ!


▲Harowinさん、
同行を妻にに断わられ、だれか一緒にいかないかな~と
思ってましたが…そうでしたか。
引越しはなんとか終えましたが、なんだかんだ細々あり、
なかなか落ち着かないですね。
その分、今日は撮影出きる!という日があると徹底的に撮ります。


▲マミケンさん、
高校で行ったのですか、早い経験でしたね。
私は高校で上高地へ行きました。
やっす~いユースホステルを使って。
水芭蕉、きれいなところはあまり水がなかったので、
土芭蕉!?と思ったほど。


▲Tatsuruさん、
行かれてたんですね、尾瀬。
カメラが無くても思い出をいっぱい頭に記憶されて…。
どの季節に行ってもいいところです。
私も昔行った旅行にデジカメがあったらなと思う時があります。
ところで尾瀬~京都の運転の方がハード過ぎ。
それに比べたら尾瀬歩きなんかたいしたことじゃないですね。
う~む、やっぱりパワーが違う…。


▲小肥さん、
行きましたよ~。付き合ってくんないから。
天気は晴れときどき曇りでマズマズ。暑かった~。
前回ほど距離を歩けなかったが、撮影をじっくり、
しかも同じ場所を細々動いていたせいか、帰りはグッタリでした。
帰りの坂も休み休み…バカも休み休み言え…関係ないか。
以下略。追伸:まいたけ御飯思ったより美味しかった~ゴメン。


▲Daiさん、
そうなんです~ って、違わい!
ヘイ!カジョ~!…とナンパして花ヌード撮影してきました。
やっぱり綺麗な形・いい状態・若い個の水芭蕉はどう撮っても
きれいに写ります。元がよくなくちゃね。
今度、一緒に歩きますか? Harowinさんたちと。秋はいかが?


▲eijiさん、
行きましたよ、たった一人で。
平日だったせいか、尾瀬ヶ原の歩行者の平均年齢はかなり高い。
こんなおばあちゃんまで大丈夫?と思う人までいました。
さすがに「ハイヒールで尾瀬」まではいませんでしたがね。
次は秋か、尾瀬沼か至仏山でしょうか?
会津駒ヶ岳ですか…その頃は夏まっさかりで綺麗でしょうね。


▲ハチオウジタロウさん、
私もめったに行けるところじゃないと思ってましたが、
アクセスはアクセクせず、意外にカンタン。
後は自分のペースに合わせて歩けばいいのです。
ただし花の状態まではコントロールできませんがね。
ぜひ一度行ってください。
子連れもいましたよ(大変そうでしたが)。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 06/11, 06:34 -----
コメントする