本物の鳥も良いけれど、芸術作品?の鳥もいいですよ。
2/1、江戸東京たてもの園で見つけたものから。
杉板らしきものに描かれた鳥、銭湯内のタイル画(九谷焼)、
玄関前のライトなど。作者などは不明。
二枚目は物語「雀のお宿」か? ヘタウマなタイル画が和みますね。


何の鳥でしょう? 白い鳥は透明に見えます





変にリアルで怖いかも




鳩でしょうか。こういう間仕切りが欲しい




藤子不二夫作品に出てきそうな眼つき




どの木に止まっているのか、錯視的にも見える




田園調布にあった洋風な家の玄関で

  
コメント

何処にも出掛けない今日は、一番とりだああ・・・
ほんと、色とりどりの木のトリですね。
最後の玄関トリは、どちらの<厳寒>トリでしょうか?
---------- 老無座 [ 編集] URL . 02/06, 16:21 -----

え~、銭湯にカメラ持ち込んでるの~?!
なら、もっとほかのものを撮らんかい!って、もうジーアイセンターが!
最後の鳥さん、なんかかわいそう、重たそうだよね。
貼り付けにあってるみたいだし・・・。 ネッ!
---------- Dai [ 編集] URL . 02/06, 17:23 -----

おおお、日本美術は偉大なり・・・そう思います。
僕が好きなのは1枚目。
何の鳥が?僕にも分かりません。
でも当時の絵師は師匠の模写から入るから
その模写の連続でで原型が分からなくなる場合もあり・・・
でも模様として見ると、かわいいし、いい完成度だなぁ・・・
昔は、いろんな鳥が見れたのだろうなぁ・・・
---------- マミケン [ 編集] URL . 02/07, 08:31 -----

苦しんでます。ここ2、3日・・・呻吟、懊悩のくりかえし。
そう。いいアイディアが出てこないのですわ。
それに比べて・・・お宅さんはいいネタ、持ってるわね。羨望。
困ったなあ・・・助けてください・・・ダメ?
トリか・・・とりつくしまが無い。苦し紛れのギャグだ。まいったか。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 02/07, 10:59 -----

おっしゃるとおり一枚目,4枚目の鳥なんかがいいですね。
鳥の動きは速すぎてこんな感じで飛ぶ鳥はまず見れませんから。
---------- hal@kyoto [ 編集] URL . 02/08, 05:45 -----

▲老無座さん、
鳥は昔から親しまれているモチーフですね。
かわいいのが多い。
厳寒…私も洒落ようかと思ったがやめました。
でも今晩は雪が降る厳寒かも…とか。


▲Daiさん、
もちろん今は銭湯営業していまいせんよ。
だから女湯に入るも良し、番台に座るも良し、服を着たまま
湯船に入るのも良し、妄想でカメラを構えるも良しです。
残念ながらお湯は出ないけれどね。
GIセンター…って、あなた。そん言い方してましたっけ?
オゲレツな。私、昔から品がいいので知りませんわ。Hなんて。


▲マミケンさん、
凄い作家じゃないと思いますが、結構こなれてますよね。
こういう絵が一枚、自分ちのどこかにあるとホッとしそうです。
模写もあるが、象なんかに至っては想像だけで描いたとか。
昔の方はやはり情報が少ない分、想像豊かですね。


▲小肥りさん、
ネタ不足の時は一眼デジカメを買って、その違い・その魅力に興奮し、
それをブログでレポートするのです。
てゆうか、優香、早く買いなされ。買うのぢゃ!
買って、斉藤ユウキ選手をレポートするのです。
国技館前の八百屋じゃなくて八百長力士を撮るのです。


▲hal@kyotoさん、
昔の家、というか、暮らしはゆとりや遊びがありましたね。
住宅にササッと、こんな絵を描くのは、
名もない絵師たちのいいバイトだったのではないでしょうか?
飛び方なんかは様式化していますね。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 02/08, 22:54 -----
コメントする