大地から、幹から、ワラワラとエネルギッシュに芽生える植物たち。
その造形力には、いつもながら惚れ惚れします。
その姿をちょっとトリミングしてみました。
今回は、葉っぱの中央に何故か花が咲く「ハナイカダ/花筏」と、
ゼンマイ仕掛けのように伸びていく「シダ類たち(名前検索中)」。
花筏は、伸びていく葉の形が人の手では描けないほどの曲線美が、
シダは、その動物を連想しそうな不気味さ、かつ精巧な渦巻きが面白い。
(壱って書いたが、弐の画像は収集中)


朝の逆光にて





ワタクシ、緑もボケてきました




雨で筏が濡れていました、って、ダメじゃん




青バックも捨てがたい




前回掲載の逆バージョン




トカゲの尻尾かと…




これで何と言うシダかわかるかも




シダ三兄弟? 宇宙人顔?




これはまた、別のシダかも…

  
コメント

朝、公園を散歩する。これからは「緑さんの季節」だなぁ・・・とつくづく思います。
---------- マミケン [ 編集] URL . 04/09, 09:12 -----
こんにちは
このハナイカダをお待ちしておりました。
ここにもあったんですね。
もう10年近く前になりますが、尾根幹線から戦車道路に上がる歩道でハナイカダを見たことがありました。
植物観察を始めた頃の出来事で、その面白い構造に感激したものでした。
しかしその後、そこでは何故か姿が無くなり、残念に思っていたところです。
週末に見に行ってみます。
それにしてもいつもながら良い構図ですね。
参考になります。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 04/09, 12:45 -----

へぇ〜、シダってこう撮るとこんなにきれいなんだ!
シダ類の前に座り込んで、なかなかこんなふうに観察しませんものねぇ。
巻き方がひとつでもおもしろいけれど、重なるとまた…。

ハナイカダの芽吹きって見たことがないのですが、光と影のアートなんですねぇ。
---------- ディック [ 編集] URL . 04/09, 19:11 -----

▲マミケンさん、
ジワジワと日一日と伸びてくる草や木の芽吹き。
毎日見てるとわからないが、
ビデオみたいに早送りすると凄いんだろうなぁ。


▲多摩NTの住人さん、
すみません、前回のハナイカダの場所の説明がちょっと違ってました。
もう一回。駐車場で降りたら、交差点に近い緩い登り坂に入ります。
S字カーブを登り切った所で、右への岐路があり、
そこの左下に「大田切歩道橋→」の案内道標が立ってます。
その道標のすぐ左、1~2m奥にある小さな木です。
ついさっき、OKストア買物がてら、暗い中をチェックしました。
ぜひ行ってみてくださいな。


▲ディックさん、
結構つらい姿勢で撮りました。
でも、ひとつひとつが割と大きくて撮りやすかったですよ。
ファインダーで見ながらも、ちょっと恐いかもと思いつつ。
花筏、朝の斜光を浴びています。
昼の光線だと、だいぶ上からなのでつまらないですね。
花や実は見たことがありましたが、芽吹きは私も初めてです。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 04/09, 20:18 -----
こんにちは
こんにちは。
ご丁寧なご案内を有り難うございました。
その大田切歩道橋の途中にフサザクラがあります。
花はもう終わっていましたね。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 04/09, 21:01 -----

▲多摩NTの住人さん、
フサザクラは知りませんでした。
今度見てみます。
情報ありがとございました。
---------- 緑の惑星人 by iphone [ 編集] URL . 04/10, 10:37 -----
コメントする