7/6~7、旧友2人と横浜から福島の「スパリゾート ハワイアンズ」へ。
温泉&プールを核にした、やや古い娯楽施設でまったりしてきました。
前身は、1966年1月16日にオープンした「常磐ハワイアンセンター」、
昔に一度、福島の遠い親戚の人に連れられて行った以来です。
先細りの炭鉱事業以外の活路を模索した結果、豊富な温泉と当時憧れの
ハワイを合体したとか(詳細はWikipedia・映画フラガールで)。
今ではテーマパークなんて当たり前だけれど、当時にしては大胆ですよね。


往復バス+宿泊+バイキング2食+施設入場料2日分=で驚異の約1万円。
更に昼と夜に行われるショーも指定席以外ならどこからでも見放題。
全てが、これで採算が取れるのかと心配してしまう価格設定でした。
他の出費といえば、昼食、酒、土産物、プールスライダー(滑り台)程度。
ただ、ビールなどは結構高めで、こんな感じで補完するのか!と納得。


着衣ゾーン・水着ゾーン・裸ゾーンのルート・貴重品保管・着替え等に
悩みつつ、また湯&水疲れしつつ、施設内をかなり制覇して楽しみました。


ヤニっぽい色がまたいいね。



▲メモリアルコーナーにあった「ハワイの夜」という映画ポスターの複写。
主役は、鶴田浩二さんと岸恵子さん。


迷子になりそうでした。


▲迷路のように入り組んだ施設。ホテルからメインの施設への移動は、
専用の青いアロハ(女性は赤いムームー)着用がパスポート代わり。
我らを含め、そんな姿のジジババ軍団は最初異様でした。


若者は少ないですね。


▲思ったより狭いプールゾーン。右奥がフラダンスショー等の会場。
日曜でも割と空いてました。プールはほとんど小さな子連れ家族。
トド姿!?の我らは一番緩いスライダーで満足し、プールから即退散。。


この方、可愛いですね。


30人くらいメンバーがいるみたい。


お決まりの会場参加。


最前列は下からしか撮れないかも。


センターは目立ちます。


▲夜のショーはハワイアン系とタヒチアン系。この日は日曜のせいか、
希望していた一番いい席(記念写真付き)は事前予約時でも満杯でした。
翌日の昼間も2階から見たが、カメラのバッテリー切れで一枚も無し。


三田明って、結構イケメンでしたね。


ちあきなおみさん、復活して。


ああ~ あこがれ~の。


▲メモリアルコーナーにあった昔の広告群と映画ポスター。
懐かしさいっぱいの方々が。ウタダヒカルのお母さんめっけ~。

  
コメント

何年か前にCSで映画「憧れのハワイ航路」を見ました。なんとハワイのシーンは当時の観光用宣伝映像を使っていました。それだけ海外は遠い時代だtったんですねぇ・・・
---------- マミケン [ 編集] URL . 07/09, 12:56 -----

「トリスを呑んでハワイへ行こう」ってのが外国景品のハシリかな。
「ハワイへのご招待。サッ、10問正解で夢のハワイへ行きましょう」これはアップダウンクイズ。
レトロな映画ポスターだけどちゃんと鶴田浩二だし岸恵子だわな。
写真かな・・・イラストかな・・・
ポスターにはちゃんと「落ちぶれた感」というか「ドサ回り感」がありますね。
アロハにムームーが必須というのがすごいわ。
「フラガール」岸部一徳が松雪泰子に言う台詞・・・「あいつらケダモノですから」
豊川悦司、富司純子、蒼井優、しずちゃん、
---------- 小肥り [ 編集] URL . 07/09, 14:31 -----

▲マミケンさん、
「憧れのハワイ航路」まだ見てません。歌はよく知ってますが。
よくありもので構成できますね。
最初の男女画像は「ハワイの夜」という映画ポスターから。
これは当時としては珍しいハワイ現地ロケと書いてありました。


▲小肥りさん、
ハワイは特別な所でしたね。やっぱり日本人が行きやすいですもん。
日本語が通じるし、日本食もある。景色もいい。
あっ、仕事で1回、新婚旅行で1回行きました。どちらもオアフ島だけ。
訪れる人々が着るアロハとムームー。子供から爺さんまでみんな同じ柄。
そんな姿で焼鳥屋やラーメン屋にたむろする姿は異様な光景でした。
冒頭の浩二&恵子画像は絵です。
映画フラガール、見られましたか。結構良かったでしょ! でしょ!
蒼井優はもちろん、しずちゃんが良かったかな。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 07/10, 21:20 -----
コメントする