今回は、マヤラン/摩耶蘭、タシロラン/田代蘭、ネジバナ/捩花。
伊藤蘭や毛利蘭じゃなくて、夏に見られる小さな野性の蘭3種。
今まで、家の近所の首都大学東京 南大沢キャンパスは自分の庭同様と
思ってたが把握していない植物がまだ山ほどありました。お恥ずかしい。
最初の2種は薮蚊軍団と戦いながら、そこで初遭遇・撮影したもの。
情報はご近所ブロガーさんから。ありがとうございました。


よく見ないと踏み潰しそうです。



ランって結構身近にあるんですね。


▲マヤラン/摩耶蘭
数センチの丈で花も小さい。だから、なかなか気がつきません。
花は春のシュンラン似ですが葉がありません。
「摩耶」は発見された神戸の摩耶山からとか。7/14・16撮影。


枯れているのかどうかもわからない。


赤い模様が。


▲タシロラン/田代蘭
白くて弱々しい。ちょっと枯れ気味のせいもあるが、まるで幽霊。
「田代」は発見者の名前からとか。7/11撮影。
マヤランと共に腐生殖物というもの。難しいので詳しくはWEBで。


ホント個性豊か。


並ぶと面白い。


▲ネジバナ/捩花。
これもランの仲間。度重なる草刈にもめげず逞しくすぐ生えてきます。
右巻き&左巻き、色々な回転数、真っ直ぐのものまで…と個性豊か。
イエローカードを出したいくらい自由勝手気まま過ぎます。
神代植物公園の温室前などで。少し前の6/22~7/1撮影。

  
コメント
こんにちは
マヤランは綺麗な姿が撮れましたね。
昨日夕方見に行くことができましたが、花はもう終っていました。今年は開花時に気温が上がりすぎたためか、雨が少なかったのか、去年より花期が短かったです。先日かろうじて撮れた一枚は写りが悪いので記事にしようかどうか思案中です。
首都大もまだまだ楽しめますね。イノシシには遭遇したくないですけどね。
---------- 多摩NTの住人 [ 編集] URL . 07/18, 10:16 -----

多摩NTの住人 さんのところで見ていますけれど、お住まいの付近は自然が豊かでよいですね。ネジバナなら、わが家の庭にも出てきますが、ほかのめずらしいランの仲間たちは、横浜の住宅地ではとても無理です。

ところで、お問い合わせの件、
各レンズに特有の歪みについては、Photoshop CCはレンズ情報を読み込んで、クリックひとつで修正してくれます。そうはいっても、いわゆる「広角レンズによる歪み」は修正してくれません、
これを手で補正しようとすると、かえって不自然になることも多いのですが、Photoshop CC には「広角レンズ特有の歪み」をクリック一発で修正する機能も付属しています。
写真から、縦線、横線を抽出し、ユーザーの好みに合わせて「縦線を基準に修正」「横線を基準に修正」「縦横の線双方を基準に修正」を選べます。
しかし、これまた、そうはいっても、完全に修正してしまうと不自然な写真もあり、使うか使わないかはユーザー次第。手動で適度に直す、という選択肢もあります。
以上の機能を適度に使っているため、「シャンティイ城」の写真には大きな歪みが見られないのでありまして、とくに特殊なレンズを使っているわけではありません。
---------- ディック [ 編集] URL . 07/18, 20:50 -----

▲多摩NTの住人さん、
お陰さまでマヤランが撮れました。ありがとうございました。
3つとか花が固まって咲いているのは撮れませんでしたが。
枯れたのを見るとかなり長期間咲いていたのでしょうかね。
蕾はいっぱいあったので、しばらくは見られそうですよ。
首都大、もっと極めなくちゃ。


▲ディックさん、
マヤラン、タシロランは家から歩いて4~5分の所でした。

ゆがみ修正はソフトだったんですか。でも綺麗に出来るんですね。
昔の4×5の「あおり」みたいな機能?
Photoshop CCって何だろうと最近気になっていたところ。
「レンズ情報を読み込んで、クリックひとつで修正」って凄いですね。
それって「自動レンズ補正」ってやつですかね。CS5から出来ていたんだ…。
(Photoshop CS4は一応持っているんですが)
Photoshop、色んな機能が凄く増えていて、しかも買い方から変わってる!?
最近、技術や流行の進歩に付いていくのがちょっと大変。
とりあえず、adobe商品をじっくり研究してみなくちゃ。
色々教えていただきありがとうございます。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 07/18, 23:37 -----

うーん、顔に見えるものは無かったね。
でも、先生のよーく見てごランって声が聞こえてきそう。
ところでDxOもチェックしてみてレンズ補正はこっちの方が先輩です。
---------- Dai [ 編集] URL . 07/19, 06:23 -----

緑の惑星人 さん、
Photoshop CS6 を持っていたおかげで、Photoshop CC は月1000円の契約で使っています。更新があると通知され、ネットで更新できます。登録情報は Adobe にあるので PC が壊れたら…などの心配はいりません。常に最新の機能を使えます。
RAW 現像、スマートシャープ、ぼかし などの機能が次々と追加され、よくなってきています。多少練習すれば、悪条件下の写真でも見違えるようになります。
過去一年間の当方の写真は、Photoshop のおかげでかなり改善されています。
なお、写真関係に特化した Lightroom でもかなりのことができるようです。最近気が付いたのですが、Photoshop CC の契約で Lightroom もダウンロードして使えるようです。
先日から試しにダウンロードしてみようと思いつつ、忙しくてまだやれていません。
---------- ディック [ 編集] URL . 07/19, 08:30 -----

オヨオヨ、なんかしらプロ的な画像ソフトのお勉強会。
ま~確かに、その道の達人は少しの歪みにも妥協しないのでしょうね。
で、蘭。一杯あるんですね~。名前や容など覚え切れません。
お店ににある胡蝶蘭位かな~。でも小さな見逃してる花も面白いですよね。小さな草花大好きですけどね。
---------- ぽん吉 [ 編集] URL . 07/19, 10:10 -----

怖くて二度見ができないよう・・・グスン。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 07/19, 10:34 -----

初めて見る蘭です。
クアラルンプルには「オーキッド・ガーデン」という植物公園があり、
何度か訪れました。
デンファレの栽培で、移住した日本人もいました。
25,000種類もあるという欄、幽霊のようなランは園芸品種には
なりませんね。
---------- SW-Zi [ 編集] URL . 07/20, 09:49 -----

▲Daiさん、
顔、今回は関係ありません。
背後霊の顔も写っているかどうか知りません。
ソフトは色々あるんでしょうが、そもそもレンズの特性に合わせて
修正するというのは凄いですね。
レンズメーカーもデータ協力してるんでしょう?
色々チェックしてみます。でもその前にやっぱりピントが…。


▲ディックさん、
情報、ありがとうございます。
Photoshop CCは買いきりというか、期間契約で使用するようですね。
Photoshop CC と Lightroomが使えるという
Creative Cloud のフォトグラフィプランですかね。
http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/features.html
https://creative.adobe.com/ja/plans?store_code=jp
ちょっと購入するか冷静に考えてみます。


▲ぽん吉さん、
人生、歪みきった私、写真は少しでも歪みを無くしたい。
仕事のイラストも、きっちりとは正反対の歪みだらけ。
自分の絵は固すぎて、もっとラフさが欲しいです。
胡蝶蘭といえば何かの祝いで送るって感じ。自分では絶対買いません。
ランって高級で園芸が多いのかと思ったのですが、
自然にも結構多いんですね。


▲小肥りさん、
無理に二度見しなくていいですよ、
でも、三度見するともう慣れます。どう、どう。
そろそろ懇談会@田舎マックしますか?
で、おみ足は元気かな?


▲SW-Ziさん、
アジア系の国々には山ほど色んな蘭がありそうですね。
昔は海外に行くと、最低限、郵便局で切手を、本屋で幼児向け識字本を
探すのがクセでしたが、植物園まで行くことはなかったなぁ。
今なら、絶対植物園に行ってみたいですね。
オーキッド・ガーデン、きっと顔の宝庫かも。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 07/20, 22:44 -----
コメントする