春はスヤスヤ気持ちよく眠れるはずなのに、
ここ数ヶ月、睡眠が旨く取れない。眠くなる時間も睡眠時間もバラバラ。
深夜3時に起きたらもう眠れなかったり。どうしたらいいのか? 
まず、夜、トイレに起きるせいが原因かも…ということで、
毎日だった飲酒習慣を、今晩から数日禁酒実験。飲まない夜は2年ぶり?

画像は、透過光で胎児のように見える芽が印象的、「ユリノキ/百合の木」。
花は、ユリというよりチューリップっぽい。
芽の写真を撮ってたと思ったら、あっという間に花が咲きました。
2枚目のみ、4/9 @桜田門 警視庁脇、
他は、3/29・4/2・5/3・5/4 @徒歩4分の柳沢の池公園。
高い木ですが、ここは眼の前にも枝が沢山あるのです。

ユリ透過

鉄の惑星も更新しています。



タイトルを「進」に変えただけです。

いちょう芽2

あたりはもう初々しい新緑でなく、オトナ的な深緑に変身しています。
昨日行った横須賀の先の観音崎あたりも、色濃い緑が大半でした。
(そのあたりはゴジラ初上陸地。近い京急浦賀駅ホームメロディもゴジラ)
気温もぐんぐん、まるでもう夏ですね。泳いでいる人もいたなぁ。
というわけで、とにかく早く掲載しなくちゃと、同時2種掲載。
個々の植物としてはまだ載せますが、「群」では一応終わりで~す。

品川

五月のみどりでなく、3/24~4/30の、みどり画像、あれこれ。
今回は、脈絡の無いオムニバス、あるいは組み写真風、あるいはゴッタ煮?
まだ掲載したいのが控えているので、深く考えていません。
月日・場所の詳細はまとめて簡単に。近所の公園をはじめ、
鎌倉 光則寺(海棠の葉)、恵比寿ガーデンプレイス(楓系?)、
東御苑入口(宿木)、江ノ電藤沢駅(丸窓)、横浜市役所前(クスノキ)等。

水滴



もう「タンポポ/蒲公英」の綿毛がアチコチで見られます。
他の植物撮影時の息抜き程度に、時々遊んで撮影。
太陽に向けたり、黄色い花をバックにしたりと、試行錯誤。
ただ、奥行きが深いので、どこにピントを合わせていいのか不明。
プロが撮る、青空に1つ風で飛んでいく写真なんかは真似できません。

太陽が丸ボケじゃないのが、ちょっと残念(1枚目)。
非常に細かい朝露付きも(2枚目)。最後はケーキのような開く前。
4/22@近所、4/27@八王子 小宮公園。月日・場所は関係ないですね。

太陽2



栃木県の県木「トチノキ/栃の木(橡)」。
栃木県庁~宇都宮市役所間の街路樹にもなっているそうな。
近隣の大学や公園にも割とあり、この時期、蜜を求めて蜂や蝶類が凄い。
密は美味しいハチミツ、栗のような大きな実は、栃餅・栃の実煎餅に。
木材は、はやや柔らかいが、緻密で、表面が綺麗だとか。
(県庁前の落ちる実が危険で全部摘むと、樹木の先生に聞いたばかり)

私には単なる撮影対象物かな。でもグチャグチャの花は撮りにくい。
栃餅より、本当の土地持ちにって土地活用したい。トチノキも植えて。
画像は、蕾あたりから開花まで。紅いベニバナトチノキも。
近種のセイヨウトチノキは、通称マロニエ。いい言葉の響き。

お化け



なぜか好きだなぁ「ヤマボウシ/山法師」。
近隣に沢山あるせいもあるが、その白い清楚な色と手裏剣のような形。
似たような、洗練されたハナミズキよりも素朴な感じ。
赤影、白影とか昔のドラマにいたなぁ。

画像は、4/15・5/1 @上柚木公園内各所。木によって微妙に形が違う。
陸橋上から見下ろせるヤマボウシもオツです。
2枚目は間違い探し。4枚の苞(白い葉)が普通ですが、6枚のがひとつ。

あちょ



近所の、とあるスーパー、オーケ〇ストアの話。
新しい仕入れ商品が、かなりの棚で手に取りやすい一番前に出ている。
「古い仕入れ分を前、新鮮なのは奥」が商売の鉄則と思っていたが、
最近は色々違う考え方があるそうな。難しい。(単なる手抜きかも)

賞「見」期限が近い、過去の新緑画像が沢山在庫にあるのに、
眼につき、つい撮ってしまった最新 新緑画像を先に掲載しちゃいます。
まずは変な緑建物から。

つたや