いつも「花より蕾」状態なので、蝋細工のようなも一応ご紹介。
紫色芯の「ロウバイ/蝋梅」、芯も黄色の「ソシンロウバイ/素芯蝋梅」。
色々条件が違うが多摩地区の3ヶ所で撮影することが多いです。
蕾撮影メインでしたので、どこも開花がまだ始まったばかり。
掲載画像は、最後だけがロウバイ、あとは多分全部ソシンロウバイ。

*1/7、府中市 郷土の森公園。3品種あり、ロープ越しに見る感じ。
 本数も多いが人も多い。狭い道を塞ぐ迷惑な三脚爺まで。有料。
 三脚の件は昨年クレームを入れたが改善の兆しなし。今回もいました。
*1/10、八王子市 小宮公園。本数が多いが背が低い。
 ただし普通の公園だし、木のまわりの全方向から撮影可能なのがいい。
*1/11、小平市 東京都薬用植物園。研究施設なので本数は少ない。
 他の薬草も沢山あって楽しい。ロウバイの種も有毒なことを知る。
 寒い冬は多摩モノレール1日券と(玉川上水駅から)徒歩で。入園無料。

花立ち



トリ年が終わったというのに、新年早々トリの登場です。
枝にとまり、春を告げるウグイスたちでなく、枝から生るヒヨコ顔、
毎年恒例の「(ソシン)ロウバイ/(素芯)蝋梅」の蕾顔たち。
この冬も、1/7~11、八王子・府中・小平の都内3ヶ所で出会えました。
画像はどれも似ていますが、微妙に違う顔たち。ラスト2枚はタモリ?

1/23~28、小平 東京都薬用植物園で園に関する作品展が開催。
そこで撮影した私の冬芽葉痕顔写真3点も展示予定(昨日受付済み)

にこにこ



本年も、どうぞよろしくお願いします。

2018ブログ用
普通に見たら何でもないのに、ちょっとしたアングルで顔に見えることも。
ウバユリ/姥百合 @八王子 小宮公園。1/21、4/23、12/10撮影。
冬枯れの植物造形を狙っているうちに顔も遭遇。5枚目は猫にも見える。
その他は、薄い種と、エイリアンが口を開けるような糸引き納豆状造形。

顔



ということで、お正月に向け、昨日12/26に人生初のお供え餅を自作。
自作と言っても、杵臼でなく餅つき機製の柔らか餅からです。
懇意にしていただいてる近所のギャラリーカフェ・アルルの年中行事に参加。
出来上がった餅米100%の餅を、丸く捏ねながら、食べながら。
お味は、数人がもち寄った、きな粉、あずき、海苔、醤油、納豆、大根おろし、
昆布茶粉、具入りラー油、松茸のお吸物&若芽スープなど。

冒頭写真では、ナビゲーターの餅人形付き、お供え完成品をご紹介。
ここまでの行程は下に。来年もあれば、枝に絡める紅白繭玉も製作予定。

完成

樹木キャラクター 続々発見シリ~ズ再開。
今回は「ユズリハ/譲葉」と、「ハコネウツギ/箱根空木」。

◆ユズリハは、新しい葉の成長後に、世代交代で旧い葉が落ちていくのが
次世代に譲るという意味から来ているらしい。正月飾りにも。
次代に譲る物など何も無い私、でも、朽ちずに見守ってもいいですか?
その代わり、年上の方にシルバーシートは譲ります(座ってんのかい)。
◆正月と言えば箱根駅伝。昨日終えたTV番組「陸王」も面白かった。
あっ、ハコネウツギ話でしたね。近所にあるのに最近顔に気がつきました。

*久々に「鉄の惑星」も更新しました。モノ顔。

02_20171225233342f57.jpg



今回は冬芽&葉痕でなく、最近撮影の、まだ枯れていない緑の葉顔。
枯葉顔はワンサと見つかるが、緑、特に枝付きは少ない。

ところで、こういう蓄積した「植物顔」群、昨年持ち込んだ
とある出版社で、その場では大反響でしたが、あれから1年…。
つい先日も懲りずに、自主企画として某テレビ番組に送っちゃいました。
さて、今度は音沙汰があるかどうか。笑顔になりたいなぁ。

真弓顔

樹木キャラクター 続々発見シリ~ズ! いつのまにやら第3弾。
今回は「カンレンボク/旱蓮木」、別名:喜樹と申します。
この樹木の顔は、どれもはっきりしたお顔立ちでわかりやすい。
(3枚目は、ワンレン?ボク)
12/16、小平 東京都薬用植物園にて。説明看板と実も添付。
こういう撮影は今まで寄り気味だったので、
この冬からは、ちょっと引き気味撮影や関連画像も載せようかと。

ところで、「動物園落ちた 日本○ね!」
ネット応募したシャンシャン観覧が抽選で落ちただけですけどね。
…あっ、この話題、関連ないか。

07_2017121709224037b.jpg